放課後アポカリプス1

『放課後アポカリプス』(杉井光著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

放課後アポカリプス (ダッシュエックス文庫)
放課後アポカリプス (ダッシュエックス文庫)

ダッシュエックス文庫の創刊ラインナップで私が買った4冊目。これでラスト。
どれも面白くて甲乙つけがたいのですが、私は本作が一番好きでした。ああでも野村美月先生の本も素晴らしいんですよね・・・・・・悩ましい。

毎週水曜日の放課後、けたたましいチャイムを合図に始まる《天使》とのデスゲーム。
ずっと続くはずの日常が唐突に壊れ、数々の秘密を抱えた非日常の世界に落とされてしまった少年少女の戦いを描くシリーズです。
正体不明の敵。不可解なゲームシステム。狂っていく同級生。そして、存在しないはずの少女。
おそらくシリーズ全体からみれば序章のはずなんですが、フルスロットルです。エンジン全開です。ハラハラする死闘と、謎が謎を呼ぶ展開の連続の果てに「そうくるかぁあああ!」と唸るラスト。
面白すぎる!
ネタバレ危険です!とりあえず前情報無しに買って読みましょう!面白いから!!※微グロ注意

☆あらすじ☆
クラスでのけ者にされ、授業を休んでばかりだったボクは、久しぶりに顔を出したHRの直後、あの『ゲーム』に巻き込まれた。全校生徒ごと荒野の真ん中に転送された後者。与えられた破壊兵器と、異常に強力な肉体。そこに襲来する異形の敵生物《天使》。全滅させなければ日常に戻れない死のゲームが、宗に一度僕らを引きずり込んで繰り返される。1年B組の司令官となってしまった僕は、普段は僕を虫けら扱いするクラスメイトたちを率い、生き残るため、そしてこの謎だらけの『ゲーム』の目的と正体を暴くため、絶望的な戦いを始めるーーー
極限の戦場を駆け抜けるサバイバルゲーム小説シリーズ、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。未読の方は要注意!

続きを読む 放課後アポカリプス1