ロクでなし魔術講師と禁忌教典〈アカシックレコード〉2


『ロクでなし魔術講師と禁忌教典2』(羊太郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

ロクでなし魔術講師と禁忌教典2 富士見ファンタジア文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典2 富士見ファンタジア文庫

新人賞受賞作第2弾。
前回同様、ほんとに新人さん?と思うような絶妙の構成で面白かったです。今いちばん期待してる新シリーズかもしれません。
今回はタイトルの「禁忌教典」にも触れつつ、メインは生徒達による魔術競技祭。雰囲気は運動会でした。
競技祭に向けてグレンが生徒1人1人にピンポイントレッスンを行っていくのですが、その内容は1巻以上にわかりやすかったですし、シリーズ全体から見ても世界観の広がりと魔術の奥行きを出す結果になっていたと思います。
グレン自身も変わらず良いキャラしてました。なし崩し的に生徒の士気を盛り上げていく序盤に笑いつつも、大事なところはキリッと決める格好良さは変わらず。
ほんと良い先生だなぁ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
これはぜひ長期シリーズ化を見据えて頑張って欲しい作品です。応援しています!

☆あらすじ☆
正式に魔術講師となったグレンは、アルザーノ魔術学院で例年行われる魔術競技祭に向け、生徒たちに指示を飛ばしていた。「先生がやる気出してるんだし、私たちも頑張らなきゃね!」システィーナたちもグレンのやる気に応えるべく、優勝を目指していたのだが―当のグレンは優勝で得られる特別賞与を使った、借金返済を目論んでいただけで…!?そして訪れる競技祭。学院が熱気に包まれる中、女王を守る親衛隊に異変が…。女王を取り押さえた挙げ句、なぜかルミアを狙ってきて!?「処刑!?そんな勅命聞くか!馬鹿」拒絶された生徒を守るため、グレンの魔術が秩序を正す!

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は、魔術競技祭での優勝を目指すという熱い青春スポ根的なストーリーを進めつつ、その裏ではルミアの命を狙う陰謀が進行して・・・という話でした。学園&教官モノの魅力を最大限に引き出すストーリー展開は脱帽モノでした。ほんと上手いです。

 

キャラも相変わらず魅力的。特に主人公!ほんと私の好みドンピシャな良主人公です(´∀`*)
ギャンブルに有り金を使い込むグレンのダメ男っぷりから始まり、自分の金策のために生徒を焚きつけるダメ人間っぷりでイメージをどん底に落とし、その結果として、予想外の方向に燃え上がった生徒達を優勝まで導くカリスマ教師に落ち着く、という。なんだコレ。グレン格好良すぎませんか!
全然やる気ないようにみえて、生徒1人1人の得手不得手まできっちり把握してるとことか。
何気ない言葉で生徒のメンタルサポートをこなすところとか。
何より、いざピンチに陥ったときの安心感がすごい。グレンがいればどうにかしてくれる、と思わせるこの感じ。ぬ〜●〜だ!●〜べ〜っぽい!理想の教師!
生徒を侮辱されたり傷つけられたら後先考えずに行動してしまうところが、本当に格好良すぎるんですよね。
グレンは決して俺tueeキャラじゃないから最初は勝算なんてないはずなのに、そこから知恵と経験で逆転を目指す姿がまた最高なんです!

 

そんなグレンが今回巻き込まれるのは、前巻に引き続きルミア絡みの陰謀。
ルミアの出生に関してはこれで決着がついたのかな?彼女の命が狙われていた理由はどうも王女であることとは関係がないような感じですね。ルミア自身にどんな秘密が隠されているのか。
今回はルミアの命を狙うために女王まで窮地に立たされていたわけですが、黒幕は1巻同様、天の智慧研究会
「禁忌教典」というワードも出てきて、シリーズそのものが動き出した感じがとてもしますね。面白くなりそうです。

 

それと、2巻にしてすでにルミアがメインヒロインの座を安定させたような。システィーナ、1巻の表紙を飾ったはずなのに負けそうです。
でも私はルミアの方が好きだからこれで良いんですけどね。
ラストの、ルミアがグレンの肩に頭を乗せてるあのシーン。しっとりとした大人な雰囲気を出してるグレンとルミアの後ろで酔っ払って寝てるのがもう1人のヒロインなんですよ?これもう勝敗決まったといっていいのでは・・・・・・。あとがきの、ふたりが寄り添う絵がすごく素敵でした(欲を言えばグレンもちゃんとフレームにおさまって欲しかったですが)。

 

新キャラのリィエルアルベルトも楽しい二人だったので出番が増えてほしいところですが、学園&教官ものとしての今のスタンスは崩して欲しくないですね。今回みたいなうまい構成をとってくれることを期待。
とにかく今後の展開がとても楽しみです。3巻発売が待ち遠しい!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典2 富士見ファンタジア文庫ロクでなし魔術講師と禁忌教典2 富士見ファンタジア文庫
羊太郎,三嶋 くろねKADOKAWA / 富士見書房 2014-11-25
売り上げランキング : 1074Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。