十三矛盾の魔技使い1


『十三矛盾の魔技使い(ソルヴァナイト)』(十階堂一系著/電撃文庫)★★★★☆

十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)
十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)

魔技という超能力と魔法を足して2で割ったような異能を扱う少年少女が集う学園。
そこでは、各学年各学期の成績1位に「ソルヴァナイト」という称号が与えられる。しかし、1年生の1学期のテスト結果で13人が同率1位となってしまい、真の「ソルヴァナイト」を選出するために、13人はサバイバルゲームで勝者を決めることになる、という話でした。
仁義なきサバゲー、ということでハラハラしながら読んだのですが熱き青春のスポーツもの的な側面もあり、相手の策を読み、裏をかき、友情あり、涙あり、百合あり、ホモありのなんだかお祭り騒ぎのような1冊でした。超面白かったです!!
13人の少年少女の視点を交錯させつつ物語が進むため、最初は名前とキャラクターを覚えきれずに混乱しましたが、中盤過ぎたあたりからページをめくる手が止まらないほど物語に没頭してしまいました。
一応読み切り的な終わり方はしていますが、世界観や設定的にシリーズ化もできそうです。ぜひ続編を!

☆あらすじ☆
「魔技」―それは世界を変える技術。その最先端を走る学園の首席称号「ソルヴァナイト」こそは、魔技の世界のトップ層であることを、最上の魔技使いであることを、何より雄弁に証明する。しかし、本年の学年最優秀生徒たる順位を得た生徒は―十三人もいた!?さあ、たった一人だけが勝ちぬけられる泥試合が始まる。十三の矛盾が激突する、生き残り競争が始まる。才能が集う驚異の世代「上澄みの集中」。その真のトップを巡って、天才たちの天災的な大乱戦が、今始まる―!魔技と魔技が激突するバトルロイヤル・マギ・アクション登場!

以下、ネタバレありの感想です。

 

十三人の少年少女が学年1位の称号「ソルヴァナイト」を賭けて争う、ということで、13人の少年少女が同じくらいの存在感で物語を駆け回る作品でした。
序盤は「アレ?今しゃべってるのって誰だっけ??」と口絵のキャラ紹介をちらちら見ながらじゃないとついていけなかったので、すごく読むのに時間がかかってしまいました。設定的に仕方ないけど13人は多いよー!しかもほぼ全員が主人公格といってもいい雰囲気でしたし。
でもまぁ、主人公は新傘悟ですね。
13人全員がひとつだけの魔技を駆使してサバゲーを勝ち抜けようとしていたのですが、新傘がその中でも飛び抜けていましたし、何よりラストの決戦シーンは熱かったですから!
自分の恋した人を傷つけたやつにケジメつけさせるためには勝利すら捨て去るなんて、とても「主人公」ですね!

 

そんな新傘悟をはじめとする「上澄みの集中」と呼ばれる13人の天才たち
天才か・・・?と首をかしげたくなるのも若干名いたものの、そんな彼らの頂点を決めるサバイバルゲームの開幕から物語は始まります。

面白いのは勝者に与えられる「ソルヴァナイト」という称号への関心がそれぞれ違っていて、そのことがゲーム展開に影響するところ
万年二位から抜け出して死に物狂いの努力の証をつかみ取りたい新傘や、ソルヴァナイトの特権と名声を欲している雪流のような生徒もいる一方で、新傘の努力を報わせてやりたいと彼に利する行動をとる有坂のような生徒もいる。
それぞれの思惑とゲーム攻略の作戦が入り乱れて展開していく様は実に壮観でした。
また、協力したり裏切ったりとぽんぽん移り変わる情勢、誰がどういう魔技をもっているかわからないことから繰り広げられる情報戦、そして抜けの多すぎる「ルール」に隠された裏など、物語が進むにつれてサバイバルゲームの本質が明らかになっていき、読めば読むほど興奮し次の展開が気になって仕方ありませんでした。序盤でキャラを把握してからはラストまで一気読みです。休憩とか、そういえば全然しなかったな・・・・・・。

 

サバゲーそのものも面白かったのですが、天才揃いの13人の濃すぎるキャラも推したいところ。
実戦だと使えそうにない秀才くんが嗜虐性癖に目覚めてしまったり、ストーカー×ヤンデレの唐突な濃厚キスシーンを披露されたり、友情を魅せたはずがホモ疑惑の風評被害にあったり、なぜこの中に入っているのか謎でしかない熱い脳筋がいたりと、個性豊かな天才達。
相手を蹴落として勝利を掴まなければならないため、騙したり裏をかいたりはしょっちゅうあったのですが、なんだか憎めないんですよねー。むしろ「むー、やるなぁ」と感心するまである。ジョーカーだった彼ですら、終わってしまえば知略を駆使した健闘をたたえたい気持ちになります。
苛烈なサバゲーものを読むつもりが、熱い青春のスポ根バトルを読んだ気分です。とても爽やかな読後感でした。
それと、ところどころで挟まる実況解説にはすごく笑わされました。もしかしたら会長が一番良いキャラしてるかもしれない・・・・・・いやでも牧島×西間×給黎の破壊力には劣るか?

 

これ、続編出ないんですかね−?13人のドタバタ劇がもっと見たいです。今回は敵対していましたが、全員で協力して強大な敵に立ち向かう話とか出たら超読みたいんですけど!
終盤で会長が解説した陰謀論をもっと突っ込んだら続けられそうですよね?
続編出ることを期待しています!

十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)
十階堂 一系,雛咲KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 12775Amazonで詳しく見る by AZlink
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。