対魔導学園35試験小隊2 魔女争奪戦


『対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫
対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊1 英雄召喚 | 晴れたら読書を

あとがきで主人公タケルのことを「背負いすぎ天然スケコマシスコン」って表現されてて、ああその通りだなぁと思いましたw
新たなヒロイン登場の第2巻。記憶喪失の彼女が送り込まれたのは、貧乳に優しくない世界でした・・・・・・。
コメディとシリアスの落差が激しかったのは前巻と同じ。日常をお気楽に進めながら、終盤にくる熱い展開が良かったです。
あと、男性キャラがことごとく小物か変態さんしかいない中で(含主人公)、新登場の鐡さんにはちょっと期待してます。

☆あらすじ☆
魔力を持つ人間が滅びようとしている世界―。残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、剣術しか能のない草薙タケル率いる劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。ある日、タケルたちに学園が与えた極秘任務、それは『記憶喪失の魔女、マリを護衛する』という奇妙なものだった。その一方で開催される『対魔導学園模擬戦トーナメント』。小隊同士が昇級ポイントを賭けて争う中、幻想教団の死霊術師がマリを奪還すべく現れて―。魔法がもたらすのは希望か、絶望か!?破滅の剣を打ち砕く学園アクションファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

桜花、1巻ではあんなにツンツンしてたのにすっかり丸くなっちゃって・・・・・・(´∀`*)ウフフ

仲良しこよしな雑魚小隊(地の文でずっとこの名称なんですが、なんか切なさを感じる)に颯月が与えた今任務は、記憶喪失の魔女・二階堂マリを護衛すること。
今回は、マリと馴染むまでの日常を描きながら、マリを巡って学園とホーンテッドの争奪戦が繰り広げられる話でした。

日常パートを長めに取りつつ、終盤でシリアスかつエグい展開にもっていくのは前巻と同じでしため。今回死人少ないなぁと一瞬思ったんですが、十五小隊は全滅してるしそんなことなかったですね・・・・・・((((;゚Д゚))))

 

新ヒロインであるマリは、貧乳ツンデレな魔女っこでした。
マジでみんな貧乳馬鹿にしすぎだよ・・・・・・巨乳だからって下にみやがって・・・っ!←
それはともかく、マリのツンデレはタケルよりも桜花に対して向かっていたような。反発し合う二人がラストに協力して強敵に立ち向かう展開が熱かった!
マリ&桜花でコンビ組むかと思っていたのに、マリは小隊入りするわけじゃなくて残念です。まぁ、勝手に参加してそうですが。

 

そして、今回の敵であるホーンテッド
ホーンテッドは前回の惨事の黒幕だったわけですが、ここで初対面となるわけですね。
ドSな変態おにーさんという感じで結構好きですwキモ格好良かったww良い感じにキレッキレでしたね!
しかし心臓つらぬかれても死なないって、どうやって倒すんでしょう。シリーズ的には彼がずっと宿敵ポジションに立ち続けるんでしょうか。

終盤、うさぎが勝手にエントリーした模擬線トーナメントの最中にホーンテッドが乱入してきてしまうわけですが、このホーンテッド戦の戦闘描写が面白かったです。
特にタケルが剣の形状を次々と変えながら連撃してるところ!
映像で見るのが楽しみです。どんな感じになるのかなー。
ラストがマリの魔法を吸収→放出、というのもイイですね。雑魚小隊の戦いは、誰かひとりが突出してるんじゃなくて隊員ひとりひとりが協力し合って勝利を掴もうとする形なのがすごく好きです。

 

マリの問題が上手く解決したところで、次回はどうも斑鳩回な様子。
雑魚小隊のメンバーって、元からいたはずの斑鳩とうさぎは今イチ影が薄かったのですが、これから掘り下げていく感じなんでしょうか。タケル自身の過去も気になりますし(鬼狩りって何だ?)。
とにかく次巻も読んでみようと思います!

対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫
柳実 冬貴,切符KADOKAWA / 富士見書房
売り上げランキング : 19716Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。