対魔導学園35試験小隊2 魔女争奪戦

『対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫
対魔導学園35試験小隊 2.魔女争奪戦 富士見ファンタジア文庫

前巻の感想はこちらから
対魔導学園35試験小隊1 英雄召喚 | 晴れたら読書を

あとがきで主人公タケルのことを「背負いすぎ天然スケコマシスコン」って表現されてて、ああその通りだなぁと思いましたw
新たなヒロイン登場の第2巻。記憶喪失の彼女が送り込まれたのは、貧乳に優しくない世界でした・・・・・・。
コメディとシリアスの落差が激しかったのは前巻と同じ。日常をお気楽に進めながら、終盤にくる熱い展開が良かったです。
あと、男性キャラがことごとく小物か変態さんしかいない中で(含主人公)、新登場の鐡さんにはちょっと期待してます。

☆あらすじ☆
魔力を持つ人間が滅びようとしている世界―。残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、剣術しか能のない草薙タケル率いる劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。ある日、タケルたちに学園が与えた極秘任務、それは『記憶喪失の魔女、マリを護衛する』という奇妙なものだった。その一方で開催される『対魔導学園模擬戦トーナメント』。小隊同士が昇級ポイントを賭けて争う中、幻想教団の死霊術師がマリを奪還すべく現れて―。魔法がもたらすのは希望か、絶望か!?破滅の剣を打ち砕く学園アクションファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 対魔導学園35試験小隊2 魔女争奪戦