魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7


『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7』(川口士著/MF文庫J)★★★★☆

魔弾の王と戦姫 7 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 7 (MF文庫J)

アスヴァール内乱の続きから始まる第7巻。
怪物一派はどんどん攻めてきていますね。そしてかなり良いところで終わってしまいました。彼女に死亡フラグがたっているのはどうにかしてほしい( ;∀;)

☆あらすじ☆
海賊団を率いて城砦に攻めよせるエリオット王子。それを迎え撃つティグルは、オルガやマトヴェイ、タラードの協力を得ながら巧みな攻防を展開し、ついに囚われのソフィーを救出する。黒弓の力に驚くタラードたちの追及をなんとか躱し、ジスタートに戻る船路につくのだったが、そこに生きていたトルバランと海竜が襲いかかる!船が破壊された衝撃でティグルは海に投げ出されてしまい―!?一方トルバランは再びレスター将軍となり、残党を従えレグニーツァを襲う。応戦するのは二人の戦姫、“雷渦の閃姫”エリザヴェータと“煌炎の朧姫”サーシャ。「もってくれよ、僕の命の炎…!」大人気戦記ファンタジー第7弾。いま、最強の焔が舞い降りる―!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ネタバレありの感想・・・・・・というか、あらすじがすでにネタバレでした。あらすじ読めば7巻の流れは完全にさらえるレベル。
たまにこういうことありますよね。

 

とりあえず、今回でアスヴァール編は終了?
今までの戦いからしっかり学び、大きく成長したティグルの大活躍で内乱の勝者はタラードの支持するギネヴィア王女という結末で幕を閉じます。
なんというか、村を焼くような非情な決断も、必要に迫られればできるようになったのが意外でした。苦しんで追い詰められているのはティグルらしさが残っていましたけどね。

実は(?)腹黒そうなタラードに気に入られたティグルですが、タラードは敵として再登場しそうな雰囲気。ティグルも彼に触発されて「王」という単語を意識し始めたような??そろそろ「魔弾の王」というタイトルに沿った流れになっていくのでしょうか。というかこのシリーズの落としどころはどこらへんなのかな。
囚われのソフィーもしっかり救出&きっちり落として、これでやっとジスタートに戻れる?というところでラストのあの展開ですよ。戦後の脳天気な空気はこの前振りだったのか。

 

トルバランと海竜の襲撃によって、海に落ちて行方不明となってしまったティグル。知らせを聞いたエレンの憔悴ぶりが・・・・・・。
一方、海賊を従えてジスタートに攻め入ろうとするトルバランを迎え撃つのは病身のサーシャ。思いっきり死亡フラグ立ってる!?けっこう好きなキャラクターなんで死んだらショックだけど大丈夫かな。
サーシャとエリザヴェータが共闘する流れになっていますが、エレンもきっとなんだかんだで参戦するかな。ティグルがどのタイミングで戻ってくるのか気になります。そろそろエリザヴェータとも絡まなきゃいけないし。

 

ラストはトルバランとサーシャの一騎打ちで終わってしまいました。
ああもう気になるからさっさと続きを読んでしまおう!

 

余談。オルガが斧を振るってる挿絵が、魔法少女がスティックで魔法を繰り出しているように見えたのは私だけじゃないと信じたい。

魔弾の王と戦姫 7 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫 7 (MF文庫J)
川口 士,よし☆ヲKADOKAWA / メディアファクトリー
売り上げランキング : 100Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。