異世界迷宮の最深部を目指そう2


『異世界迷宮の最深部を目指そう2』(割内タリサ著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

異世界迷宮の最深部を目指そう 2 オーバーラップ文庫
異世界迷宮の最深部を目指そう 2 オーバーラップ文庫

WEB小説ならではの、1冊の中での起承転結を感じられない起伏に欠ける運び方ではあるものの、今回も面白かったです。
ダンジョンRPG的要素の強い異世界召喚モノ+ハーレムなんですが、お気楽な雰囲気がなくひたすら不穏で不気味なムードが続いているところが特徴的に感じるこのシリーズ。ハーレムなのにラブコメ要素皆無なんですよね。主人公がめちゃくちゃ慎重派な上、ヒロインズが皆(程度の差はあれど)ヤンデレ気質を持ってるからかでしょうか。誰も彼もなんか怖い((((;゚Д゚))))そして、その怖さの原因が知りたくて、どんどん先を読んでしまうんですよ・・・・・・。
しかも、こんなところで終わるなんて!3巻はやく!

☆あらすじ☆
戦いを終えたカナミは『十守護者』のアルティと再会する。彼女の「恋を成就させたい」という依頼を受けつつ、迷宮攻略を再開するカナミ。カナミは新たな仲間として火炎魔法を操るマリアと、類いまれなる実力を持つラスティアラを加え、ついに前人未到の領域に辿り着く。しかし、順調に迷宮探索を続けるカナミの前に『天上の七騎士』が立ちはだかる。逃亡してきたラスティアラを取り返さんとする彼らに、カナミは決闘を申し込まれてしまうのだった。「―お嬢様を、返してもらう」運命の車輪はここから加速する―異世界迷宮ファンタジー、第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

なんか女の子がたくさん出てきた第2巻。

まずは、十守護者のアルティ
ダンジョンのボスモンスターのくせに自由に外を歩きすぎですよw
恋を知りたいとのことですが、ちょっかい要員なのかな?ボスだし、ジークと一緒にダンジョン攻略するのではなく、ヒントや魔法を与えていくポジションで落ち着くのでしょうか。

そして、奴隷のマリア
なんだか危うすぎるのが不安になる女の子でした。
ジークの役に立とうと必死だけど、ふとした瞬間に死んじゃいそうな儚さが怖いです。途中でメイドさんみたいな役割を与えられたから安心したのに、アルティが余計なことしたせいで死亡フラグが立ったような気がしてなりません・・・・・・(同じ魔法をディアと一緒に習得とか、もう、ね?)

最後に、ラスティアラ
一番最初に出てきた女の子ではあるものの、今のところ一番謎な女の子です。
聖誕祭が終わったら死んじゃうとか、(予想はついたこととはいえ)最後にそんな爆弾落としていかないでくださいよ!
彼女の正体が気になりますねー。言動が不気味すぎて怖いヒロインだったんですが、どことなく悲劇性を秘めてそうなのが今後どう展開していくのか。うーん。

 

1巻のメインヒロインだったディアは、入院中ということで2巻ではあまり出てきませんでしたが、彼女は彼女で何かが歪んできてるような気がして怖いですし、この作品、怖いヒロインしかいないよ?どういうこと?
お気楽恋愛脳なお嬢様フランリューレがパーティ入りすることはなさそうですが、彼女みたいなキャラで雰囲気を中和して欲しいと思ってしまいます。ジークは女の子に囲まれてるのに、なんか幸せそうにみえないし。

 

今回は迷宮探索の仲間を増やしつつ、パーティーでのルール確認、ラスティアラを追ってきたフーズヤーズの「天上の七騎士」たちとの決闘などを挟みながら更に迷宮の奥へと探索を進めていく話でした。
天上の七騎士はパリンクロン、レイディアント、ラグネ、ホープス、ハインが出てきましたがあと2人もいつか出てくるんでしょうか(数え間違えてなければ)。最後のハインとの戦いの行方もどうなるのか。ほんと、こんなところで終わらないでくださいよー!

 

迷宮はついに20層の先へ。唐突にきつい展開になってしまいましたが、ディアが復帰すればもっとさくさくいけるんでしょうね。

 

ハインとの戦いが始まった!というところで3巻に続くとなってしまいましたが、この戦いの行方はもちろん「聖誕祭の終わりに、全てが、『清算』される」という一文も意味深すぎて気になります。ラスティアラが死ぬだけではない、何かが起こる???
そういえば章タイトルの分岐点ってどういう意味だったんでしょう?
3巻の発売が今から待ち遠しいです(´・ω・`)

異世界迷宮の最深部を目指そう 2 オーバーラップ文庫異世界迷宮の最深部を目指そう 2 オーバーラップ文庫
割内タリサ,鵜飼沙樹オーバーラップ
売り上げランキング : 173Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。