生ポアニキ


『生ポアニキ』(アサウラ著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

生ポアニキ オーバーラップ文庫
生ポアニキ オーバーラップ文庫

某夢の国へ挑戦状を叩きつけていたギリギリアウト作品「デスニードラウンド」。そのアサウラ×赤井てらのコンビが、今度は生活保護をテーマにした作品を出すと言うことで、おそるおそる買ってみてしまいました。
そして読んでしまいました。
読んでる最中の「エライもんに手を出してしまった((((;゚Д゚))))」感。いやー・・・これもギリギリアウトでしょう?なんか予想してたのとは違う方向でいろいろアウトな作品でしたw
内容は、架空の扶助「恋愛生活保護」の申請によって理想の恋人に出会えるはずが、なにを間違えたかマッチョなアニキを送りつけられてしまった高校生の日常を描く筋トレラブコメです。
女の子も出てきますが、公式Twitterが言っていた通り、メインヒロインはアニキです。うん。
アッー的なのを含むちょっとキツめな下ネタ満載なので苦手な方は要注意。ただ、最後まで読んでしまえば「良い話だった」と思えるはず。おそらく!!!

☆あらすじ☆
半不登校で孤独な生活を送る木村ユースケは、カウンセラーの勧めで新たに設けられた『恋愛生活保護』を申請した。これで相性の良い自分好みの女の子が現れて、幸せになれる…はずだったのだが、約束の日、家に来たのは女の子ではなく、一糸まとわぬマッチョな“アニキ”だった!一方で本来現れるはずの鳳来寺ユリは転校生として現れるも、ユースケの好みとはことごとく違う。家に住み着いたアニキ、ユースケを拒絶する転校生、そして秘密を抱えて近づくクラスメイト・松笠アザミ…。謎が謎を呼び、アニキの汗がほとばしる!果たしてユースケに恋人は出来るのか!?全ての答えは筋トレの先にある!少年少女と一人のマッチョが織りなす健全なる物語。ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

「ベン・トー」は読んでいないのですが、元々はそちらのネタだった話みたいですね。それを1冊の本にしちゃうのもすごいですが、そもそもこの話で1冊書き切れたこと自体がすごいです。

 

物語のキーワードである「恋愛生活保護」
これは、通常の生活保護とは似て非なる制度であって、誰もが当たり前に持っている愛や恋といった感情についても、国で補助してあげようという制度です。なんだそれ!
もうツッコミしか思い浮かばないですが、・・・・・・ちょっと良いな、とか思ってしまったのは内緒です(`ω´)フフ

 

主人公は、いじめられっ子で半不登校状態となった挙げ句に家族にも見捨てられており、そんな現状を打開するために「恋愛生活保護」を申請した少年・木村ユースケ
きっと自分好みの低身長で色白で料理上手で縞パン愛用で以下略な美少女が来るに違いない!と期待と下心いっぱいの彼の前に現れたのは、
190センチオーバーの長身でガチムチで料理上手で縞パン愛用のマッチョなアニキ!!
もう登場シーンから気合い入れて笑いを取りに行ってました。前作では恐怖の象徴だったP君があんな使われ方をするなんて・・・・・・

何の手違いか、マッチョアニキと美人女子高生の2人を二重に扶助されてしまったユースケ。
遅れて現れた鳳来寺ユリにガチホモ疑惑をかけられつつ、ユースケの波乱の日々が始まるのでした、というのが序盤の流れです。

 

全体的にはマッチョなアニキの良い笑顔を前面に押し出す感じでハイテンションな日常を描きつつ、ユースケが二重扶助の解消を役人に迫られたり、ユリの隠された過去(傭兵じゃなかったわー)が明かされたりと、なかなかに目まぐるしく展開させながら最後まで猛スピードで駆け抜けた作品でした。読むのほんと疲れたww

ユースケは、序盤は本当にクズすぎて割と本気で「キモイ・・・・・・」と鳥肌を立てていたのですが、アニキによる筋トレと食生活改善、そしてユリへの想いによって徐々に彼が変わっていく姿はとても良かったです。
終盤で不良達と対峙し、何度殴られ蹴られても立ち上がろうとするところなんか格好良かったですしね。こういう熱い展開は嫌いじゃない!
ユリとの絆を育てつつ、不良退治で最高に盛り上げて、オチで結局始めに戻る、というのも笑いました。いやあれはガチホモだと思われても仕方ないww

 

あと、制度的に無理がありすぎだろうと思って仕方なかった恋愛生活保護については、国による身売りじゃないか?不健全な制度じゃないか?とのセルフツッコミが入りつつ、上手い感じで丸く収めたなぁという印象。
現実にはツッコミ通り危険しかない制度だとは思うのですが、まぁその辺はフィクションですから。

そういえば、女子高生を男子高生のもとに送り込むから、ボディガードとして一緒にマッチョをつけたんじゃないか?とずっと思っていたのですが、別にそういう意味でアニキが一緒に扶助されたわけじゃなかったんですね。ていうかアニキの本名も素性もほとんど分からずじまいでしたが、そこらへんは続刊があれば明かされるのでしょうか(続くのか!?)

 

ちょっとクドめな下ネタが多くて、苦手な私には読むのがきつい部分もあったものの、少年の成長を描く作品としてもラブコメとしても十分に面白い作品でした。
よし!私も筋トレする!!(`・ω・´)

生ポアニキ オーバーラップ文庫生ポアニキ オーバーラップ文庫
アサウラ,赤井てらオーバーラップ
売り上げランキング : 121Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。