さまよえる本に結末を ウィルブック・ハンターあるいは甘い憂鬱

『さまよえる本(きみ)に結末を ウィルブック・ハンターあるいは甘い憂鬱』(秋杜フユ著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

さまよえる本に結末を ウィルブック・ハンターあるいは甘い憂鬱 (コバルト文庫 あ 25-1)
さまよえる本に結末を ウィルブック・ハンターあるいは甘い憂鬱 (コバルト文庫 あ 25-1)

新装丁になったコバルト文庫。真っ白背表紙が、旧装丁に慣れた私にはちょっと寂しくも感じたり・・・・・・。
それは置いといて、本作は2013年度ノベル大賞受賞作家さんの新作です。
人を襲う「未完の本(ウィルブック)」を追うハンターの青年と、その「未完の本」に狙われた少女のお話。閉鎖的な村における自分の生き方に疑問を持つ少女の、自立と旅立ちの物語でもあります。
ところどころわかりにくい描写があったり、設定がよくわからないところが気になったものの、全体的には可もなく不可もなくといった感じでした。少女小説的な甘さもあるにはあったものの、少し心理描写は雑かも。

☆あらすじ☆
自分探しの真っ只中、村娘のエステルは、追い詰められていた。その心の隙に、美しい青年の姿を取ったウィルブックの影がーー!?彼が主人公の未完の物語を完結させるべく、エステルは狙われたのだ。その危機を救うのは、美しくも哀しげな瞳をした来訪者ベルナール。またの名をウィルブック・ハンター。悲しみの過去を越え、そして・・・・・・初めての恋を知る。未完の本が動き出す、旅立ちの物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さまよえる本に結末を ウィルブック・ハンターあるいは甘い憂鬱

アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下

『アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)
アルジャン・カレール -革命の英雄、或いは女王の菓子職人-〈下〉 (ファミ通文庫)

上巻の感想はこちらから

アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上 | 晴れたら読書を

上下巻同時刊行の「アルジャン・カレール」下巻です。上下巻あわせて、とても綺麗に終わっています。
アルジャンのお菓子が美味しそうで、思わずケーキ屋さんに駆け込みたくなるのを堪えるのが大変でした・・・・・・。
アルジャンの作り出すお菓子によって戦争を止めることはできるのか。緊迫感のある展開で、最後まで一気に読み終えてしまいました。

☆あらすじ☆
若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。王都の片隅の小さな菓子屋には、今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。フロリアは再び混沌に呑まれるのか―。その行く末は、国際会議の席でのロクサーヌの外交、そしてその席で供されるアルジャンの菓子の力に委ねられた!!“菓聖”の伝説を綴るヒストリカル・ファンタジー、緊迫の下巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉6

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉6』(川口士著/MF文庫J)★★★★☆

魔弾の王と戦姫 6 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 6 (MF文庫J)

第2部始動の第6巻。
ティグル以外のメンバーががらりと変わってしまったのですが、今回だけなんでしょうか?面白かったですけど。

☆あらすじ☆
ブリューヌの動乱より半年。客将としてライトメリッツで過ごすティグルは、ジスタート王の要請を受け、霧と森の国アスヴァールへと旅立つ。密使としての航海中、ティグルは薄紅色の髪の幼げな少女と出会う。立派な作りの斧―“崩呪の弦武”ムマを持つ彼女こそ、放浪の戦姫オルガ=タム。なりゆきで彼女と同行することになるティグルだったが、アスヴァールの地にはさらなる“運命の出逢い”が待っていた。容姿、人望、才能―そして確かな野心を持つ青年の名は、タラード。一将でありながら“王”の形を平然と説く青年に、ティグルの胸に去来するものとは…?いくつもの邂逅が新たな伝説を刻み征く!最強美少女ファンタジー、待望の第2部開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉6