殺戮のマトリクスエッジ3


『殺戮のマトリクスエッジ3』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)

面白くなりそうな予感はあるのですが、今回までが全体の序章なのかもしれませんね。
1巻はソーマの話、2巻はユノの話、そして3巻は1巻と2巻の人物をつなぐもの、という感じでしょうか。デート回?の割にはシリアスですが、恋するユノの浮かれっぷりにとてもニヤニヤしましたw
謎が多すぎてそろそろ大きな盛り上がりが欲しいなぁ、と思っていたところでラストの展開。心理描写が冴えてますね。続きが早く読みたい!

☆あらすじ☆
旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。地上最後の楽園と呼ばれるこの街にそびえる、総合ショッピング施設『ゾス・モール』にデートへと出かけたユノとソーマ。ククリも勿論ついてきて―。だが、彼らは突如として封鎖されたモール内に閉じ込められてしまう。出現する、新たなホラー。ユノとソーマは互いに「自分の正体」がばれないように、ホラーを止めるべく奔走する。なぜホラーは人を襲うのか。ホラーとは何か…。企業複合体の更なる暗部がついに動きだす―!サイバーアクションシリーズ第三弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

デート回ということで、前半はユノがすごくはしゃいでいました。
このシリーズ、ハードなSFでグロあり謎ありの硬派な雰囲気を始終漂わせているのに、ユノのターンになると(グリーン時除く)一気に少女小説化するのが密かに楽しみだったりします。恋に浮かれる女の子は可愛いですね。

デートといってもククリ付きですが。しかもソーマ側に思惑ありのデートですが。
それでもユノが幸せそうだから良かったのですが、デートは徐々に思わぬ方向へ。

黒迦の乱入は本当にユノが可哀想でした。面白かったけどw
特に露出度高めのユノに対するソーマの視線分析のところで盛大に笑いました。コラ!脚はともかく胸は関係ないだろ!!!

まぁ残念ながらセックスアピールが成功したことをユノは知らないんですけどね☆

 

黒迦のせいで不安に青ざめるユノをさらに追い詰めるのはホラーの出現
企業複合体の工作員ドークールによる第三次大規模実験だったわけですが、これでついにユノとソーマの正体が互いにバレてしまいました。
最後の感情が死んだユノは切なかったです。前半のテンションの高さに比べるとほんとに地を這うようなテンションの低さ。
ソーマの正体を知りその上でこれからユノがどう行動するのか気になりますが、なんだかとても不穏です。もう浮かれたユノは見られないのだろうか。

 

今回は間章という形で、少しずつシリーズ全体の謎に触れつつもありました。
最初、主体はククリだと思ったのですが勘違いでした。今回のホラーだったか。
ホラーに人間的な意識があるということでしょうか。それとも今回のホラーが窮極種のなり損ないだったから?
あと、今回のホラーを通して、ホラーが人間を襲うのは人間を理解しようとしていた結果だと分かりましたが・・・・・・これもどういうことなんでしょうか。人間の電脳をたくさん食べて人間を理解すると、どうなるんだろう?

今回のホラーはかつてのソーマと会っていたようですが、ソーマにはやはり2年前以前の過去なんてそもそもあるのかどうかが怪しくなってきましたね。人間じゃない可能性のほうが大きいですし。ロストセブンって何なんだよー。ホラーの最上位種??

 

ククリの行動も謎めいてますね。
黒迦に干渉していることといい、ユノがククリへもつ好意も操作されているのかな。
それに、黒迦がククリのことを知らないところを見ると、ホラーの姫君と茶天たちカルトは関係がないということ?企業複合体とは一応は別組織らしいですしね。でも、今回のホラーの育成(?)にダキニは関わってるぽいのになぁ。黒迦に知らされてないだけかな。

 

ところどころ出てきた純白の少年の正体も気になります。企業複合体の関係者っぽいですが。

 

いろいろ謎ばかりで把握しきれなくなってきました。
おとなしく次巻を待とうと思います。

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)
桜井光,すみ兵小学館
売り上げランキング : 1279Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。