覇剣の皇姫アルティーナ7

『覇剣の皇姫アルティーナⅦ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★★☆

覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)

前巻までの感想はこちらから
「覇剣の皇姫アルティーナ」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ハイブリタニアとの戦争は、これで終結なのかな?
面白かったですけど、意外にもあっさりと終わってしまったような気がします。
それはともかくラストの展開はやばい。まずい。どうするんですか。次巻いつですか。

☆あらすじ☆
提督代理を任されたレジスの指揮により、ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない…しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。果たして、戦争の結末やいかに!?覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ7

殺戮のマトリクスエッジ2

『殺戮のマトリクスエッジ2』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)

1巻よりSF色が強くなっている気がします。電脳都市という世界観をゆっくりと掘り下げて行っている印象。
まだシリーズの全体像は全然見えてこないのですが(というかこの巻までが序章かな)、面白くなっている、気がする?
今回は、ユノ主役回。彼女の夜の姿を描くお話でした。それにしても、ユノは本当にソーマが好きなんですね・・・・・・。昼間ソーマのことしか考えてないよこの子。

☆あらすじ☆
旧東京湾上に建設された積層都市トーキョー・ルルイエを襲う連続怪死事件。血を流すことなく人が死ぬ。魂を抜き取られるが如く、人が死ぬ―。過去に連なる悩みを抱え、自暴自棄のユーノ・柏木は立入禁止区域である地下層へと向かっていた。事件を知ったユーノは、唐突に表れた軽口ばかりの荒事屋、何を考えているのか分からない実践的錬金術教団の構成員と共に、事件の真相に肉薄していく。その裏にいる“銀の腕”に気づかぬまま…。電子と鮮血の満ちる暗闇で、少女は走馬燈を見る。サイバーアクションシリーズ第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ2