絶対城先輩の妖怪学講座5

『絶対城先輩の妖怪学講座五』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
「絶対城先輩の妖怪学講座」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ツンデレ妖怪博士絶対城先輩が可愛いシリーズ(違う)第5弾。
最近、先輩のデレが加速しているような気がする・・・・・・。
先輩の過去がさらに明らかになったり、昔の関係がアヤシイ美女が出てきたり、礼音を巡る恋のライバル(?)が出てきたり、となかなか忙しい1冊でした。妖怪雑学もいつも通りたっぷりで今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
絶対城と礼音のもとに謎の美少年が迫る――。
四十四番資料室の妖怪博士が贈る怪奇譚、第五弾。
古い知り合いに年始の挨拶をするという絶対城に、荷物持ち要員として豪奢な屋敷へ連れてこられた礼音。二人を出迎えたのは、清楚な和風美女・櫻城紫だった。
研究の同志である絶対城と紫は、妖怪談義に華を咲かせる。疎外感を覚えた礼音は、近所の河原へと飛び出してしまうのだった。
そんな礼音の前に、朝霧シアンと名乗る不思議な雰囲気の少年が現れる。シアンは大学に戻ってからも、たびたび礼音の周囲をうろつくように。
その頃、礼音がシアンと出会った川に再開発の計画が持ち上がり、紫の周囲にも不審な噂が出始めるのだった――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座5