殺戮のマトリクスエッジ1

『殺戮のマトリクスエッジ』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)

サイバーパンク。て何だったっけか。
ふと気になってウィキペディア先生に聞いてみたのですが(後述)、確かにこれは正しくサイバーパンク作品です。攻殻機動隊的な。このジャンルの定石を踏んでいるため、がっつりとしたSFの割には分かりやすく世界観が描かれているように感じました。
市民の電脳化が進められた電脳都市に流れる「ホラー」と呼ばれる化け物の都市伝説。主人公はそのホラーを狩る掃除屋の少年です。彼が不思議な少女と出会うことで電脳都市とホラーに隠された秘密を暴いてしまう、というお話でした。
まだまだ序章という感じで、主人公がどういう人物なのか、とか、ルルイエがどういう世界なのか、とかをふんわりと説明して1巻は終わってしまいました。1巻だけだと評価しづらい作品です。ヒロインのうち1人は顔出し程度でしたし。
でもかなり好きな世界観だったので続きに期待します!

☆あらすじ☆
西暦20××年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。この都市には、電脳を喰らう獣がいる。それは、電脳ネット上、どこにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。そして、彼・小城ソーマは奴らを狩る。鮮血と電子の満ちる裏路地で、彼は独り、獣を狩る。ある晩出会った不思議な少女と共に、彼は都市の大いなる陰謀に巻き込まれ、翻弄される。ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ1