忠犬侍女の愛しの王子様

『忠犬侍女の愛しの王子様』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)
忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)

ヒーロー信仰系ラブコメってもっと増えてもいいと思うんですよねーとか常々思っている私にぴったりな少女小説でした。
わんこな忠義者侍女と、優しい(?)王子様が、10年ぶりに戻った王宮で陰謀に巻き込まれるお話でした。
主従の距離感って・・・・・・?と思うこと間違いなしのベタ甘ラブコメです。疲れた脳の糖分補給になりましたよ。甘かったーーー!

☆あらすじ☆
「君はもう俺のものだから――」
幼いころ、親に捨てられ森の中で泣いていた自分を拾ってくれたファラール王子。それ以来、少女リーリアはファラールをご主人様と決め、王宮を離れて医師として働くファラールのそばを片時も離れず、忠実な侍女となって仕えている。
そんなある日、病弱な弟王子を治療するために、ファラールが王宮へ呼び戻されることに。王宮に同行したリーリアは、なぜか自分が侍女ではなくファラールの恋人だと周囲に勘違いされていると知り、驚愕する。「私なんかがご主人様と恋の噂なんて、おそれ多すぎます!」必死に噂を否定してまわるリーリアだが、なぜかファラールはいつも以上にリーリアを甘やかし気味で、過剰に接触してくる。そんなファラールの態度にドキドキを隠せなくなったリーリアは、身の程知らずで分不相応な自分の恋心を恥じて、ファラールから逃げようとするが…。
ご主人様大好き!な侍女と企み王子。極甘主従のラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 忠犬侍女の愛しの王子様