世界の終わりの世界録2 極光の竜帝


『世界の終わりの世界録〈アンコール〉2 極光の竜帝』(細音啓著/MF文庫J)★★★☆☆

世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録1 再来の騎士 | 晴れたら読書を
古風な王道ファンタジー作品の第2弾。
最強すぎるパーティーメンバーに連れて行ってもらっているレンですが、徐々に成長の方向性が見えてきました。彼がどういう風に強くなっていくのか楽しみです。
物語としても、前巻ラストでほのめかされた大きな動きが徐々に表立ってきましたし、どういう展開をしていくのか気になります。
面白くなってきた!

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界緑大争奪時代―炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。竜の長との激戦の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる―いま、最も王道を行くファンタジー、反響の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回はキリシェの故郷である竜の渓谷リ・インファリエルへの旅。
その途中で古代墳墓に寄ったり、そこでカナン巡礼聖教船のメンバーと遭遇したりしながら、また一歩レンが成長するお話でした。

 

レンの成長の方向性としては剣技の鍛錬よりも古代召喚術を磨いていくことでレベルアップしていく感じになっていくのでしょうか。
前回は火の始原精霊サラマンダーで、今回は土の始原精霊ノーム
ポケモンじみてまいりました。可愛いマスコットが増えてきて、私はすごく楽しいですww
ノームの無邪気な子供みたいな感じがかなり可愛かったです。「来チャッタ!」って(;・∀・)
でもレンをずっと待ってたってどういうことだろ??

1巻冒頭ではお荷物だったレンも、2体の始原精霊と友達になったことでかなり戦力となってきましたねー。こういうレベル上げの仕方はゲームぽくて好きです。

 

そして、今回のレンが乗り越えるべき壁は、キリシェの妹分である竜帝カルラ
これからもチート過ぎるパーティメンバーとは無理矢理切り離されて、レンひとりで重要局面は戦って行くことになるのでしょうか。ノームのときもそうでしたし。まぁそうじゃないと、面白くないですよね。
落ちこぼれの割には剣術がすごい気がしましたが、鍛錬の成果、ということで・・・・・・。

 

今回の旅でキリシェが竜に戻れるようになったり、レンが精霊ゲットしたりしている一方、外の世界はどんどん不穏な状況となってきていました。

精霊が怯えているとか、ラストで五大災のひとりと戦っていた正体不明の発光体の正体とか、伏線がどんどん出てきましたねー。
エルラインとキリシェたちが戦った300年前の終焉戦争の秘密も気になります。「世界の終わり」というタイトルも意味深になってきました。
剣聖シオンや聖地カナンのエリエスとレンが会うことになるのはいつになるんでしょうね。聖女のほうは早そうですが。そっちも楽しみです。

次の第3巻は来年2月とのこと。ちょっと間があきますね。
天界編ということはフィア先輩大活躍が期待できるんでしょうか。

 

余談。
キリシェがなんかペットぽくなってる?と思っていたら妹からのキリシェの扱い方アドバイスが完全にペットのそれで笑ってしまいました。毎日欠かさず声をかけてあげること、ってw
うーん、竜だし、それでいいのかな?可愛いいからいっか。

世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)
細音 啓,ふゆの 春秋KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 194Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。