世界の終わりの世界録2 極光の竜帝

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉2 極光の竜帝』(細音啓著/MF文庫J)★★★☆☆

世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録1 再来の騎士 | 晴れたら読書を
古風な王道ファンタジー作品の第2弾。
最強すぎるパーティーメンバーに連れて行ってもらっているレンですが、徐々に成長の方向性が見えてきました。彼がどういう風に強くなっていくのか楽しみです。
物語としても、前巻ラストでほのめかされた大きな動きが徐々に表立ってきましたし、どういう展開をしていくのか気になります。
面白くなってきた!

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界緑大争奪時代―炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。竜の長との激戦の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる―いま、最も王道を行くファンタジー、反響の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録2 極光の竜帝