愛されすぎた嫌われ姫2 妖精王の騎士の受難


『愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難』(小野上明夜著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難 (一迅社文庫アイリス)
愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難 (一迅社文庫アイリス)

他人の秘密を強制的に知ってしまう呪いを受けていた「嫌われ姫」オデットと、回遊魚系ヒーロー(意:泳いでないと死ぬ)・アッシュの全力ラブコメ第2巻です。
オデットのアクがちょっと抜けたような気がしますが、その分可愛くなっていてそれもまた良かったです。毒されているww
アッシュもなんか可愛くなったような?
今回も精霊絡みの騒動です。

☆あらすじ☆
見事“他人の秘密を知る呪い”から解放された『嫌われ姫』オデットは、元王子・アッシュロードの熱烈すぎる愛情表現に悩みながらも、幸せな日々を送っていた。ところが、封印したはずの妖精・セイジュを、オデットを嫌う騎士、カスパールが連れてきてから、アッシュロードはオデットを避けるようになって―?

以下、ネタバレありの感想です。

 

抑え役のいなくなった妖精たちから人間界を守るためにオデットの力を借りたいと頼むために現れたセイジュ
1巻で割と感動的にさよならしたはずなのに、あっさり戻ってきてしまったのにはちょっと笑ってしまいました。

今回はセイジュの追っ手である妖精・サーキスがレダンに現れたことで起こる騒動を描いたお話でした。
アッシュの複雑すぎる家族関係(実家と王家)もこれに絡めて解消
サーキスにそそのかされてしまったアッシュの実兄・フェルナンの鬱屈とした気持ちもわからなくもないですよね。
実家を優遇しないアッシュの態度は立派ですが、それが確執を生んでしまったわけです。難しい。

 

オデットとアッシュの関係も落ち着きました。
前回「出会いのやり直し」という形で相思相愛となったふたりですが、重すぎる愛にオデットがついていけない展開が予想通りすぎましたw
冒頭の「オデット、見つけたぞ!」(ドアばーん)の挿絵のアッシュが良い笑顔すぎです。そうそう、こういうヒーローだったわ。

新キャラ・カスパールの登場で一悶着が起こった結果、オデットも素直に愛情を伝えられるようになったわけですが、今回の功労賞はなんといってもリンゼル。
オデットが書き殴って捨てた手紙をこっそりアッシュに渡したリンゼルのファインプレーが格好良すぎました
それに、オデットの手紙自体もすごく良かった。今回のオデットは本当に可愛くなりましたよね。アクは少し抜けましたが(毒舌と舌打ちが減ってましたし)。
渡す予定のない手紙に置いて行かれる恐怖を必死に吐き出す姿は切なかったけど、それだけ恋に一生懸命なオデットの姿にはとても好感がもてました。
欲を言えば「馬鹿」「行かないで」「怖い」「会いたい」の羅列を見たアッシュの反応を直接見たかったです。
今回は意外にアッシュも純情を見せてくれましたし。回遊魚系ヒーローも難しすぎる愛の前には足を止めてしまうんですよね。愛は偉大だ!

 

綺麗にまとまって話が終わりましたが、これで完結でしょうか。
あとがきでラストシーンの続きは表紙を見て、とありましたが・・・・・・。好きなシリーズなので、続きが出たらぜひ読みたいです。

愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難 (一迅社文庫アイリス)愛されすぎた嫌われ姫 妖精王の騎士の受難 (一迅社文庫アイリス)
小野上 明夜,宮城 とおこ一迅社
売り上げランキング : 1203

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。