鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!?


『鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!?』(卯月朔夜著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!? (一迅社文庫アイリス)
鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!? (一迅社文庫アイリス)

相思相愛なのに「思い」の中身と「愛」の意味が違うとこんなに会話が噛み合わないものなんですねw
鬼のお姫様と鬼狩りの青年が出会い、二人で協力して人を襲う鬼の正体を探る、というお話。
少し読みづらいと感じる箇所があったのが気になったものの、変態的研究者肌のヒーローと恋愛脳のヒロインのズレっぷりが読んでいて楽しかったです。

☆あらすじ☆
一途な恋に憧れる鬼の姫・紅葉は、鬼による襲撃事件の犯人として、鬼狩りの青年・玄慧に捕らえられてしまう。ところが玄慧は、誰もが忌み嫌う鬼が大好きという、ちょっと変わった鬼狩りだった!?観察のために「ずっとお前を見つめていたい」という玄慧の言葉を勘違いした紅葉は、彼と一緒になるため、犯人を捕まえて無実を証明することに―。和風×勘違いラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

「なりそこない」の鬼姫紅葉が統べる鬼の村にやってきたのは、討鬼師という特別な鬼狩りの青年・玄慧
人を襲う鬼の行方を追っていた玄慧は、紅葉に興味を惹かれ、彼女に主従関係となる呪縛をかけてしまいます。
鬼が大好きすぎて舐め回すように(言葉通り・・・)紅葉を研究し尽くしたいという玄慧に対し、「これが恋!」とトキめいてしまう恋愛脳な紅葉。

前半の、ズレまくるまま軌道修正されない二人の会話がとても楽しかったです。
玄慧は研究熱心なだけなんでしょうけど、行動がどう考えても紛う事なき変態様でした。紅葉の足の指をくわえようとするシーンは正直引いた・・・(;・∀・)
そしてそんな変態的な玄慧の行動を恥ずかしながら「妾、愛されてる!」と思っちゃう紅葉は心底アホの子だと思いました。おばかさんなんだけど可愛いかったですw

 

紅葉への疑いを晴らすために真犯人(鬼?)を捕まえようとする紅葉と玄慧。そこに紅葉の守り役である鈴蘭が加わって3人の珍道中が始まります。
鈴蘭のキャラデザがめちゃくちゃ可愛かったです。可愛いのに扱いが雑な鈴蘭が不憫w作中で一番良識ある人物なのになぁ。

 

鬼が人を襲う事件の真相を追っていくなかで、玄慧が自分に寄せる想いが単なる研究対象への情熱だと気づき冷静になる紅葉。
一方で、単なる研究対象以上の存在として紅葉を見始める玄慧。

ここらへんの二人の関係性の変化はとても好みでした。最初のズレたバカップルノリも楽しかったですけど、それがずっと続くと疲れますしね。
でも事件解決を経ての終章は前半を上回るバカップルに進化していましたがw
元々執着心の強い玄慧に愛が加わったせいで面白いことになっていました。

 

全体的に満足する作品だったのですが、途中ちょっと似たような展開が繰り返されたのと(紅葉が何度も好きか嫌いか聞いていたのはリアル恋愛脳っぽくて疲れました)、描写がわかりづらい部分が何カ所かあったのが残念でした。
キャラの濃さは良かったので、続編があれば読むと思います。
今度はぜひ紅葉ママの夜叉姫に登場してほしいです。玄慧が出会ったのは夜叉姫のはずなんですけど、そこらへんが以外に掘り下げられずに終わってしまったので。

鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!? (一迅社文庫アイリス)鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!? (一迅社文庫アイリス)
卯月 朔夜,くまの 柚子一迅社
売り上げランキング : 2742

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。