(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5 すべての道は離婚に通ず?


『(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5 すべての道は離婚に通ず?』(夕鷺かのう著/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5~すべての道は離婚に通ず?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5~すべての道は離婚に通ず?~ (ビーズログ文庫)

ファンブックです!読むまで気づかなかった(;・∀・)
本編とのつながりがありそうな短編が盛りだくさんで、フェルとクロウの仲良しデート(?)なんかもあり、いつもの如く大いに笑える素晴らしく充実した一冊でした。
イラストの山下ナナオさんの漫画やキャラ紹介なんかも面白かったです。

☆あらすじ☆
敵国の皇子クロウと“円満離婚”するため、絶賛身代わり花嫁中のフェルディア。仕事に厳しくお金に甘い残念脳勤少女だが、本当は不器用で泣き虫だった!?養い親ガウェインと彼女の絆を描く過去編のほか、フェルとクロウの離婚バトル【お忍びデート編】など爆笑必至の短編が満載!さらに、山下ナナオ先生渾身の激甘描き下ろし漫画やイラストも盛りだくさんのファン必見スペシャルブック♪

以下、ネタバレありの感想です。

 

short story 1「カヴィバエリの華争い」
新婚旅行の途中で立ち寄った街でお忍びデートをするフェルとクロウの話。
お忍びデートといっても、内実はいつも通りの離婚を賭けたゲームですが。
口元ぬぐって舐める、というのはベタですがとてもニヤニヤしますね。もうフェルもクロウも可愛すぎるよ!フェルはちゃんと仕返しできてるんだから旦那様の態度に気づいてあげて!
華争いの結果はおして知るべし。さすが旦那様。まさに外道。

 

short story 2「氷砂糖と銀の鈴」
シレイネとセタンタの話。この兄妹はシスコンブラコンなんですが、よく考えなくても兄妹じゃないんですよね。
なんだかちょっぴり切なくなる短編でした。

 

short story 3「夕暮れの泣き虫」
フェルの幼少期の話。何にも出来ない穀潰しの泣き虫少女が、いかにして逞しく守銭奴な勤労少女へと生まれ変わったのかというエピソードでした。
ババアさん、お 前 が 原 因 か
フェルとガウェインの関係にすごく心が温まりました。なんかもうクロウってこの二人の間に本当に入れるの・・・・・・?と不安になるくらい。

 

書き下ろし漫画「毒竜公と仮花嫁」
山下ナナオさんの漫画です。漫画でみると余計にふたりが可愛く見えました。
クロウは本当にフェル大好きだなー(・∀・)

 

short story 4「極北の夜は明ける」
ユアンとパールの幼少期の話。
パールの存在って、彼自身は明るいのに物語を暗くさせるものだから、ちょっとしたエピソードも切なく感じますね。

 

short story 5「追想の雨」
何気に今まで出てきていない(?)クロウとケイの出会いの話でした。
ケイの正体ってこれまでに出てきたっけ?うろ覚えですが初出?帝国のスパイだったんですね。

 

short story 6「(仮)花婿ののっぴきならない事情」
気になる召使いの女がいるというユアンのためにお兄ちゃんズが恋愛相談する話。
フェルに恋?したユアンの行動にやきもきするクロウが可愛かったです。兄の矜恃どこやった。

 

幕間
これが実は一番本編につながる伏線になってるんじゃないでしょうか。
突然性格が変わったジルフォードの秘密とは?
「追想の雨」でちょっと出てきたジルフォード兄が別人過ぎて気になります。なんで裸族になってしまったんだ・・・・・・

 

他にもレシピ(なぜ)やキャラ紹介やらいろいろ盛りだくさんな一冊でした。大満足です。
本編再開はいつになるんでしょうね。とても楽しみです。あとコミカライズも始まるとか?絵柄が好みだったのでこちらも気になります。

(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5~すべての道は離婚に通ず?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情7.5~すべての道は離婚に通ず?~ (ビーズログ文庫)
夕鷺 かのう,山下 ナナオKADOKAWA / エンターブレイン 2014-11-13
売り上げランキング : 433Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。