薔薇のマリア画集、予約しました。

BUNBUNイラストレーションズ
BUNBUNイラストレーションズ

発売が心の底から待ち遠しいBUNBUNさんの薔薇のマリア画集。
BUNBUNさんの画集といえば、「BUNBUNイラストレーションズ」を持っているのですが、こちらは薔薇マリ以外の担当作も入っている画集。今回出るのは薔薇のマリアだけの画集ということで、ときめきが止まりません。

BUNBUNイラストレーションズ : みかこの読書日記

ここで気になるのは店舗特典なわけですが・・・・・・

続きを読む 薔薇のマリア画集、予約しました。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅥ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)

イラストレーター交代の第6巻。
前任者のキャラデザを踏襲しているのでそこまで激しく何かが変わったということはないものの(ジャンはあれ?と思いましたけど)、女性キャラの見た目年齢が少し下がったように感じました(シャミーユ殿下が幼女化。というか元から幼女だったっけ?)。
肝心の本編は軍事クーデター勃発による三つ巴の抗争劇。その中で、ついに彼が目覚める話でした。

☆あらすじ☆
軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。それはイクタたちにも影響を及ぼし、イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。彼らの未来に希望はあるのか…?話題沸騰の本格派ファンタジー戦記、待望の6巻が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6