放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い

『放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い』(杉原智則著/電撃文庫)★★★★☆

放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い (電撃文庫)
放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い (電撃文庫)

現実と幻想が入り乱れる世界観で、児童文学風の作品でした。とても私好み。
主人公「ぼく」はある夢を見たときから、妖精たちが飛び回る不思議な世界「マ・ウアー=コギト」に迷い込むようになってしまいます。
普段過ごしている何気ない場所からふとした瞬間に「扉」をくぐり、そこで出会った懐かしいお姉さんと一緒にマ・ウアーで大冒険を繰り広げる「ぼく」。
「ぼく」はどうしてマ・ウアーに迷い込んでしまったのか?夢なのか幻なのか、それとも・・・・・・?
全ての真相を知ると切なさにたまらない気持ちになる、そんな作品です。

☆あらすじ☆
魔法の国マ・ウアー=コギト。ある日突然にぼくはその国へ迷い込んだ。そこはかつて、クラスメイトの神永くんが語って聞かせてくれた世界そのものだった。悪戯な妖精、巨人な人喰い蜘蛛、ネズミのようなニゼム族、それら全てをつくった、魔法をあやつる女王―。しかし、世界は危機に瀕していた。魔女が黒い炎で世界を消去しているのだ。立ち向かうのは、憧れていた神永くんの姉にそっくりなコノハさん。彼女とともに、ぼくは幾多の冒険を繰り広げる。神永くんの語りと不思議な一致を見せるマ・ウアーの秘密とは?コノハさんの正体とは?いくつもの謎と冒険が織りなす放課後ファンタジー・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い