とある飛空士への恋歌1

『とある飛空士への恋歌』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

ガガガ文庫 とある飛空士への恋歌(イラスト完全版)
ガガガ文庫 とある飛空士への恋歌(イラスト完全版)

とある飛空士への追憶:感想(みかこの読書日記)

『とある飛空士への追憶』と同じ世界観で始まる別の物語。
「空の果て」を目指すため、空飛ぶ孤島イスラに乗り込む人々。
主人公はイスラに設立される飛空士の学校へ通うことになった少年なのですが、この1巻では彼がなぜイスラに乗り込むことになったのかという経緯を、彼の半生を振り返る形で綴られていきます。
序章どころか前日譚的な話なのに、そうとは思えないほど濃密で面白かったです!
ラストの展開も王道的ですが、それは望むところ。問題はここから、どう物語を進めていくのかですね。とても続きが楽しみです!

☆あらすじ☆
「これはきれいに飾り立てられた追放劇だ」
数万人もの市民に見送られ、盛大な出帆式典により旅立ちの時をむかえた空飛ぶ島、イスラ。空の果てを見つけるため―その華やかな目的とは裏腹に、これは故郷に戻れる保証のない、あてのない旅。
式典を横目に飛空機エル・アルコンを操縦するカルエルは、6年前の「風の革命」によりすべてを失った元皇子。彼の目線は、イスラ管区長となった「風の革命」の旗印、ニナ・ヴィエントに憎しみを持ってむけられていた・・・。
『とある飛空士への追憶』の世界を舞台に、恋と空戦の物語再び。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とある飛空士への恋歌1