魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉3

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉3』(川口士著/MF文庫J)★★★★☆

魔弾の王と戦姫 3 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 3 (MF文庫J)

面白くなってきました!
今回はテナルディエ公爵の差し金でブリューヌ最強の騎士と戦うことになったティグルたち。
前回ちょろっと出てきた3人目の戦姫もティグルの前に現れまたもアレして、なんだかエレンが可愛いことになってますw
ティグルの持つ黒い弓と彼自身の正体(素性?)もさらに謎めいてきています。神話が絡むのか?
ラストは予想外な展開でした。ますます混沌としてきたなー((o(´∀`)o))ワクワク

☆あらすじ☆
テリトアールに陣を進めたティグルたち。そこに、ガヌロン公爵の配下、グレアスト侯爵が現れる。不躾な恭順命令を断るも、エレンへの執着を隠そうともしないグレアストに、ティグルは内心穏やかでない。間をおかずして、ティグル討伐の任を受けたナヴァール騎士団が出現し、事態は急変する。団長は、ブリューヌ最強の騎士ロラン。戦姫の技すら破る“不敗の剣”を前に、ティグル軍はかつてない危機に陥ってしまう。“光華の耀姫”ソフィーヤの助けで辛くも窮地を逃れるのだったが、エレンを庇った傷でティグルが倒れてしまい…!?血風と光波が戦場を駆け抜ける刻、黒き魔弓は解き放たれる!大人気美少女バトルファンタジー、心を射抜く第3弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉3