魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2


『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)

ファンタジー戦記第2弾。アニメ始まりましたね。第1話を見ましたがとても期待できそうです。やっぱり動いているキャラ見るのって楽しいですね!
ペース的に1巻は2話構成っぽいんで、3話目からこの2巻の内容に入っていくんでしょうか。
1巻よりさらにティグルが各方面に華麗にフラグを立てまくってます。まだ肌色をさらしてないのはティッタくらい・・・・・・?
戦記物として十分面白いんで、あまりハーレム要素はいらないのになぁと思ってしまったり。エレンとティッタだけでいいです。このふたりがダントツ可愛い。
今回は新たな戦姫の顔出しと、大局への準備回といったところでしょうか。

☆あらすじ☆
テナルディエの軍勢を退け、つかのまの平穏を得たティグルたち。避けられなくなった戦いに向け、ティグルは仲間になってくれる貴族を探して動き出す。一方、国王への説明のためジスタート王都に赴いたエレンは、七戦姫の一柱にして腐れ縁の天敵、“凍漣の雪姫”リュドミラと遭遇する。険悪な応酬のはて、その場は別れる二人だったが、ティグルに興味を持ったリュドミラがライトメリッツを訪れ、状況は一変する。「ジスタートが誇る戦姫の一人。『破邪の穿角』が主、リュドミラ=ルリエよ」「帰れ」しかも、彼女はテナルディエと交友関係があるらしく…!?戦姫対戦姫、人智を超えた戦いが今幕をあける!話題沸騰の美少女バトルファンタジー、待望の第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

1巻のラストを受けて、だいぶややこしい立場になっているティグル。
ややこしすぎて、正直よくわからん

ティグルは、自領アルサスを守るため大貴族テナルディエ家を敵に回したわけで、対抗するためには味方を集めなければならない。
テナルディエ家のほうも嫡男ザイアンの敵討ちに燃えている。

そんな対立構造をふまえて、今回はティグルの味方集めと、両陣営に関わる2人の戦姫の戦いの話でした。

ティグルの味方集めに関しては先行きに不安はあるものの、何とかなりそうな感じでしょうか。ティグル父の人徳がすごいです。
ただそれだけじゃなくて、テナルディエ家とガヌロン家の派閥争いに疲弊している地方貴族たちという構造も見えてきて、それがちょっと興味深かったりしました。
味方集めの傍ら、ティグルはひたすらお勉強。そしてついでにリムにフラグを立てるえ。
戦の費用の話は面白かったです。経費って大変だよなー。というかまともに人件費の計算ができてなかったティグルは領主として大丈夫なんでしょうか。いや、これから成長するにちがいない。

 

ティグルの味方集めの話はある意味前置きで、メインは初登場の戦姫のほうでしょうね。
2人出てきましたが、今回のメインはエレンと因縁のある戦姫リュドミラ
傲岸不遜なお嬢様でかなり好戦的な戦姫でした。ある意味エレンに似てるような?
温泉当たりでは喧嘩しつつも和やかだったのに、後半で戦争になだれ込んだのには驚きました。ここらへんは戦姫というよりも国家間(というより領地間)の外交バランス的なものが描かれていて、世界観の深みを増すエピソードだったともいえますね。

家のお付き合いのために私情を抑えていたリュドミラですが、最後は割とあっさりと中立を宣言。これはあれですね。ティグルがたらし込んだせいですよね。
リュドミラがティグルと仲良く(?)しているのを見て不機嫌になるエレンが可愛かったです。お風呂の悪戯はやり過ぎでしたが(このままティグルは戦姫全員の肌色を見るのだろうか・・・・・・)

 

戦姫と国王の関係、戦姫同士の関係、といったジスタートの内部構造の説明が出てきてこれも面白かったです。かなりあからさまに牽制し合っているんですね。
ジスタート国王の戦姫に対する猜疑心が物語を悪い方向に進めそうでなんだか不吉です。

 

今回は前回に比べると戦場のシーンが少しあっさりしていたのが気になりました。
内政面の説明がメインだったからでしょうか。
でもティグルの弓の秘密や残りの戦姫の登場など、楽しみな要素は他にもあるので次巻も読もうと思います。

魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)
川口 士,よし☆ヲKADOKAWA / メディアファクトリー
売り上げランキング : 13Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。