魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 2 (MF文庫J)

ファンタジー戦記第2弾。アニメ始まりましたね。第1話を見ましたがとても期待できそうです。やっぱり動いているキャラ見るのって楽しいですね!
ペース的に1巻は2話構成っぽいんで、3話目からこの2巻の内容に入っていくんでしょうか。
1巻よりさらにティグルが各方面に華麗にフラグを立てまくってます。まだ肌色をさらしてないのはティッタくらい・・・・・・?
戦記物として十分面白いんで、あまりハーレム要素はいらないのになぁと思ってしまったり。エレンとティッタだけでいいです。このふたりがダントツ可愛い。
今回は新たな戦姫の顔出しと、大局への準備回といったところでしょうか。

☆あらすじ☆
テナルディエの軍勢を退け、つかのまの平穏を得たティグルたち。避けられなくなった戦いに向け、ティグルは仲間になってくれる貴族を探して動き出す。一方、国王への説明のためジスタート王都に赴いたエレンは、七戦姫の一柱にして腐れ縁の天敵、“凍漣の雪姫”リュドミラと遭遇する。険悪な応酬のはて、その場は別れる二人だったが、ティグルに興味を持ったリュドミラがライトメリッツを訪れ、状況は一変する。「ジスタートが誇る戦姫の一人。『破邪の穿角』が主、リュドミラ=ルリエよ」「帰れ」しかも、彼女はテナルディエと交友関係があるらしく…!?戦姫対戦姫、人智を超えた戦いが今幕をあける!話題沸騰の美少女バトルファンタジー、待望の第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2