焦焔の街の英雄少女2


『焦焔の街の英雄少女2』(八薙玉造著/MF文庫J)★★★★☆

焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)
焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)

今回も面白かったです!
異世界からやってきた怪獣たちと戦う「英雄」の少女と少年の物語。
助け合って一緒に生きていこうとする光義と杏の関係が、もうほんと、すごく好きなんです。会話がかわいすぎて困ります。お互いがお互いに「大好きだー!」って叫んでるような空気も好きです。にやける。
なのに、そんなふたりを試すかのような緊迫した展開の連続。ハラハラします。1巻ラストがアレだっただけに、何が起こってもおかしくない雰囲気があるというか。

☆あらすじ☆
皇士帝タイサイの池袋襲来。幼なじみの杏に続き、新たに皇士の剣皇となった光義は彼女と共にそれを打ち破る。しかし、狂気に支配された光義は皇士剣で杏の胸を貫いてしまう。杏の命がけの呼びかけにより、正気を取り戻した光義だが、待ち受けていたのはさらに残酷な真実だった。そんな中、全長1キロを超える剋獣・近衛種ベヒーモスの関東接近が観測され、東京では獣人テロ組織“八雷”が暗躍する。杏を戦わせたくない光義と、彼の身を案じる杏は望まぬ形で心をすれ違わせてしまうのだが…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。風雲急を告げる第2巻。

以下、ネタバレありの感想です。

前巻の衝撃のラストからそのまま続く第2巻。
光義の暴走の原因も明らかになりました。結局、タイサイとの戦いで光義は一度死に、剋獣に乗っ取られたことによって副次的に皇土剣を使えるようになった、と。
念願の戦う力を手に入れた光義。なのに、戦えば戦うほど命をつないでいる剋獣の龍気が使われ、いずれ死んでしまう
ひどい・・・・・・光義の杏への愛を試すような設定ですね。鬼ですね( ;∀;)

でも、光義にとって何よりも大切なのは杏。彼はもちろん杏が少しでも傷つかずにすむように自分も戦おうとします。
そして杏にとっても何よりも大切なのは光義。当然、杏は光義が戦いで命を削られることを嫌がります。

ふたりがお互いを説得しようと口論するシーン、大変な状況だけど一生懸命すぎるふたりの想いがかわいくてすごく好きでした。
必死なのにボケてしまう杏が可愛くて、それをまったりツッコむ光義に癒やされます。病院の怪談の話は笑いましたw杏wなんで検索するのwww

 

しかし、剋獣の侵攻はそんなふたりを待ってはくれず、次なる敵は巨大な近衛種ベヒーモス
そして獣人のテロ組織《八雷(やくさ)》
なぜか同一時期に協力するかのように現れた複数の敵勢力。
一体、何が起こっているのか・・・・・・(; ・`д・´)
無敵のように強い剣皇ですら、一歩間違えれば苦戦する相克相生のシステムが憎いアクセントになっています。杏と光義が覚悟を決めて共闘し始めたら敵無しなのに!と歯がみしてしまいました・・・・・・。

 

今回もまた良いところで次回へと。
嵐樹の剣皇である《八雷》の首魁イザナミの正体が予想外でしたが、彼女たちの目的は何なのでしょう?フラグ隊長が彼らもワケありみたいなことを言っていましたが、日本人と獣人たちとの間に何かトラブルでもあったんでしょうか。

しかも光義の皇土剣折られちゃったんですが大丈夫なんでしょうか。彼、剣がないと土塊になっちゃうのに・・・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

逃げたタイサイの行方も気になります。
次巻も早く読みたい!続きがとても楽しみです。

焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)
八薙 玉造,中島 艶爾KADOKAWA / メディアファクトリー 2014-10-25
売り上げランキング : 16331Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。