焦焔の街の英雄少女2

『焦焔の街の英雄少女2』(八薙玉造著/MF文庫J)★★★★☆

焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)
焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)

今回も面白かったです!
異世界からやってきた怪獣たちと戦う「英雄」の少女と少年の物語。
助け合って一緒に生きていこうとする光義と杏の関係が、もうほんと、すごく好きなんです。会話がかわいすぎて困ります。お互いがお互いに「大好きだー!」って叫んでるような空気も好きです。にやける。
なのに、そんなふたりを試すかのような緊迫した展開の連続。ハラハラします。1巻ラストがアレだっただけに、何が起こってもおかしくない雰囲気があるというか。

☆あらすじ☆
皇士帝タイサイの池袋襲来。幼なじみの杏に続き、新たに皇士の剣皇となった光義は彼女と共にそれを打ち破る。しかし、狂気に支配された光義は皇士剣で杏の胸を貫いてしまう。杏の命がけの呼びかけにより、正気を取り戻した光義だが、待ち受けていたのはさらに残酷な真実だった。そんな中、全長1キロを超える剋獣・近衛種ベヒーモスの関東接近が観測され、東京では獣人テロ組織“八雷”が暗躍する。杏を戦わせたくない光義と、彼の身を案じる杏は望まぬ形で心をすれ違わせてしまうのだが…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。風雲急を告げる第2巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 焦焔の街の英雄少女2