明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3

『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3』(藤まる著/電撃文庫)★★★★☆

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3 【電子特別版】 (電撃文庫)
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3 【電子特別版】 (電撃文庫)

「明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。」前巻までの感想(みかこの読書日記)

「終わりよければ全てよし」と言いますが、このシリーズはこのラストを見るためだけに読むべきと言っても過言でないほど終わり方が素晴らしかったです。
1巻のあまりのくだらなさに絶対このシリーズで泣くわけないとか思ってたのになぁ。まさか全部読み終わってこんな爽やかな気持ちになるとは思いませんでした。

☆あらすじ☆
『おまえの寿命の残り全てで彼女を生き返らせてやろうか?』
雰囲気ヤンキー・秋月の体を1日おきに乗っ取る美少女・光。彼女とのハチャメチャ二心同体生活に最大の危機が!交換日記以外では会話すらできない光に恋した秋月が迫られる究極の選択―。徐々に寿命が減りつつある光を救うべく、秋月は立ち上がるのだが…。そんなある日、手がかりを探る秋月のもとに、彼らと同じく“2つの心が同居する仲間”と名乗る人物からのメールが舞い込む…。いつでも背中合わせだった2人が下す決断とは―!?
「ぼっちな俺」と「残念な彼女」による人格乗っ取られ青春コメディ、第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3