封鬼花伝4 飛花薫るうたかたの口づけ

『封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ (角川ビーンズ文庫)

急展開の第4巻。前巻で想いを自覚した千樹ですが、彼女の受難はまだまだ続きそうですね。
イヤなアイツはさらにイヤな奴になり、可愛い弟君はますます不憫な位置づけに。

☆あらすじ☆
「わたしが好きか?まだ」ようやく正式に一之御子・刀火の仮妻として認められた千樹だが、うっかり告白してしまって以来、彼の態度に翻弄されっぱなし!そのうえ、宮中で催された薫物合わせで、綾峰の母・仁真から嫌がらせを受けたりと、気苦労が絶えない。そんな中、都に鬼が出没したという噂が耳に入る。しかもその姿は、以前雅近に取り憑いていた冬鬼を彷彿させて?千樹の身に忍び寄る危険―絶体絶命のシリーズ第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 封鬼花伝4 飛花薫るうたかたの口づけ

ハーフ・クラウン3 眠り姫とガラスの靴の夢

『ハーフ・クラウン 眠り姫とガラスの靴の夢』(御永真幸著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

眠り姫とガラスの靴の夢 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)
眠り姫とガラスの靴の夢 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)

ヅカな王妃と彼女を愛してやまない王様の夫婦が活躍するジレ恋シリーズ第3弾です。
このシリーズ、夫婦なのに片思い状態な王様の不憫さを愛でる作品なのですが(注・私見)、今回はさらに王様が不憫でした(主に存在感的な意味で)
というか、主人公が交代した?というくらい夫婦が添え物でした。
でも面白かったです!今回のメインはシンデレラっぽい天才少女とツンデレ美形侯爵。彼らもまたジレ恋でした(´∀`*)

☆あらすじ☆
じれラブ夫婦・ユフィ(元男装王妃→現絶世の美妃)とヴィンセント(ヘタレ元虚弱児→現美丈夫賢王)が共同統治をするレイジエルド王国の王立学院は、女子の入学を認めていなかった。それをなんとかしたいとユフィは学院の理事のオリヴィエにかけあうのだが、オリヴィエにはどうしてもそれを認められない悲しく切ない過去があって。そしてユフィの妻としての目覚めが、宮廷に嵐を呼ぶ…!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ハーフ・クラウン3 眠り姫とガラスの靴の夢