見習い神官レベル1(3)亡き姫君のための狂想曲

『見習い神官レベル1 亡き姫君のための狂想曲』(佐々原史緒著/ファミ通文庫)★★★☆☆

見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ (ファミ通文庫)
見習い神官レベル1(3) ~亡き姫君のための狂想曲~ (ファミ通文庫)

前巻までの感想はこちらから→ 見習い神官レベル1:シリーズ感想(みかこの読書日記)

嫁が安定の可愛さでした(´∀`*)ウフフ
今回はヨシュアの過去絡みの因縁と、何やら大きな展開への準備回という感じでしょうか。前巻までのアレコレが一気にひとつにつながりそうな雰囲気です。面白くなってきた!

☆あらすじ☆
修練場を燃やしてしまってあわや落第かと思われたが、何とか進級を果たしたヨシュア。張り切って二年生をはじめようとした矢先―まさかのイジメの標的に!?刃を向けるでも毒を盛るでもない嫌がらせに、むしろ新鮮と思うヨシュアだが、突き止めた犯人は、何と最上級生の現首席だった!暴虐王の自主留年のせいで、とんでもない迷惑を被っているという彼女は、実は、暗殺者時代のヨシュアとある因縁があり…!?最凶嫁つき学園ライフ、好評第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 見習い神官レベル1(3)亡き姫君のための狂想曲