魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉1

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)

10月からアニメ化。ということで、PVを見たらこの表紙と雰囲気が全然違っていて、気になったので読んでみました。
内容はファンタジー戦記。1巻はまだ序章という感じでゆるゆるとした雰囲気だったので、本題は2巻からなのかもしれません。凜々しい雰囲気のヒロインは可愛かったし、弓が武器というちょっと変わった主人公は面白そうなので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
竜より与えられし武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち――“戦姫”。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、“ジスタートの七戦姫”として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、“銀閃の風姫”エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「きみは、わたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい……!?
痛快無比なる最強美少女ファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉1