クロス×レガリア7 女王の領域


『クロス×レガリア 女王の領域』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)

最終決戦前編!
物語はクライマックスに向けて加速し、これまでの伏線の正体が明らかになっていきます。
次巻で完結なのですが、すでに今巻ですごい状況になっている・・・・・・(((( ;゚д゚)))

☆あらすじ☆
リコが姿を消してから間もなく、ナタと馳郎は白鳳六家の重鎮集う「六家総会」に列席していた。馳郎が白翁と認められるための会議は、かつての白翁後継者の乱入により戦況を大きく歪められる。「君は、世界のすべてを敵に回してでも、その少女を守るつもりがあるのかな?」先手を打つは月白弦摩。鬼仙と戦を起こすか否かを切り出す―
鬼仙、白鳳六家、白翁候補、底の見えない駆け引きに馳郎は!?役者集いし「六家総会」―始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は馳郎が多くの選択を迫られる話でした。

展開が驚くほど早かったです。てっきり六家総会でジンと後継者争いするのかと思ったら全然予想外の方向に突き進んでいってしまいました。

 

終わっていなかった鬼仙と〈おに〉の戦争。そして隠されてきた先代白翁の予知。

 

そして、鬼仙側のボスである西王母が出てきたことで一気に開戦へと事は進んでしまいます。
西王母が強すぎて勝てる気がしないんですがこれは・・・・・・
しかも、最強の〈おに〉だったはずの真朱真冬はすでに殺されていたとか大ピンチすぎて混乱。白の体で戻ってきたものの当てにできるのでしょうか。

 

これまで置かれてきた様々な伏線が一挙に回収されて、物語の全容が明らかになった今巻。
怒濤のように真相を突きつけられた馳郎の混乱ぶりが見ていて本当に哀れだったのですが、誰かを守るために再び立ち上がるところが馳郎らしくてすごく良かったです。でも馳郎が鬼宝を使えるようになるくだりがちょっと唐突だったような・・・・・・。免疫ってそういうことかよ!
馳郎は無事にリベンジを果たし、奪われたナタを取り戻すことができるのでしょうか。

 

馳郎、ナタ、蓮花の三角関係もどうなるのか。ナタの完全勝利かと思ってたのにここにきて蓮花のことが気になり始めた様子の馳郎がもどかしい。
あと、吸血行為の意味がやっと分かって良かったです。確かにこういう意味ならウーが節操なし扱いされるのは仕方ないw

 

次巻、馳郎は何を決断するのでしょう。 完結巻が楽しみです!

クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)
三田 誠,ゆーげんKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 46873Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。