女騎士さん、ジャスコ行こうよ1

『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』(伊藤ヒロ著/MF文庫J)★★★☆☆

女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)
女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)

Twitter等で「ジャスコってもうないの!?」と話題をさらったラノベ。読んじゃいました。
発売までの経緯を語る編集部ブログが面白かったし、この表紙の雰囲気がすごく良かったので。
内容は、異世界から現れた「くっころ」ちょろいんな女騎士と重度オタクのお姫様が、「ジャスコ」を巡り田舎に騒動を巻き起こす日常系コメディ。予想以上にくだらなくて読んでいて何度も笑いました。無駄にいっぱい伏線があるんですが、それが回収される瞬間の脱力具合がすごい。メタ発言がわからないところも結構多かったものの、勢いで読み切りました。
面白いというよりは楽しいというべき作品。軽い気分転換に丁度良かったです!

☆あらすじ☆
とあるど田舎、平家町に住む普通の高校生、瀬田燐一郎はある日、夜の田んぼで行き倒れているお姫様、ポーリリファと彼女に仕える女騎士、クラウゼラを発見する。二人はなんと異世界“魔法地平”から命からがら逃れてきたと言い出して、そこから始まるトンデモドタバタストーリー!?…と思いきや、「実は…この町では割とよくあることなんだ」「なんじゃと!?」
異世界人が珍しくない普通の田舎町で繰り広げられる女騎士系田舎日常コメディ、特に何事もなくのんびりスタートです。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女騎士さん、ジャスコ行こうよ1

ナイツ&マジック1

『ナイツ&マジック1』(天酒之瓢著/ヒーロー文庫)★★★☆☆

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)
ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

メカオタクの青年が転生したのは剣と魔法とロボットの異世界だった!というファンタジー作品。
魔法とロボットという2つの要素がうまく噛み合った世界観が面白く、さらに元メカオタクの主人公の突き抜けた(暴走した)趣味人っぷりがとても楽しかったです。
今回は世界観や魔法等の説明にページを大きく割いているため、全体としてプロローグな感じでしたが、どんどん面白くなりそうな予感を抱かせる1巻でした。

☆あらすじ☆
とある一人の日本人が事故でこの世を去った。彼の魂は、異世界において『エルネスティ・エチェバルリア』として転生する。しかも、前世である日本人としての記憶を受けついだまま。エルの趣味嗜好も前世に倣ったものだった。彼は前世に続いて極度の『メカオタク』であったのだ。そんな生まれ変わった世界で、実在する巨大人型兵器である幻晶騎士と出会ったエル。彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。この世界での幼なじみを巻き込みつつ、メカオタクとしての暴走は続いていく―。
小説投稿サイト「小説家になろう」で大人気のロボットファンタジーがついに書籍化。
メカオタクだった青年が、転生し、思う存分本物のロボットを操る。

 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ナイツ&マジック1

自己紹介

はじめまして。みかこと申します。

以前、「みかこの読書日記」というブログでライトノベル等の感想を書いていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

九州在住のラノベ好きです。
少女小説を含むライトノベル全般を読みます。
以前は少女小説ばかりを読んでいたので、少年向けライトノベルはまだまだ知らない作品ばかりです。面白い作品に出会う度に幸せを感じています。

人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に「東京レイヴンズ」、「薔薇のマリア」が特に好きです。谷瑞恵先生、あざの耕平先生、十文字青先生の著作はとりあえず作家買いしているはず。他にハマっている作品についてはおすすめラノベリストをご覧ください。
このブログで感想を書くにあたっては、読了直後の勢いであまり深く推敲せずに書いていることが多いです。変なことを書いていても多めにみてもらえれば嬉しいです。

拙い感想を書くブログですが、どうぞよろしくお願いします。

クロス×レガリア7 女王の領域

『クロス×レガリア 女王の領域』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)

最終決戦前編!
物語はクライマックスに向けて加速し、これまでの伏線の正体が明らかになっていきます。
次巻で完結なのですが、すでに今巻ですごい状況になっている・・・・・・(((( ;゚д゚)))

☆あらすじ☆
リコが姿を消してから間もなく、ナタと馳郎は白鳳六家の重鎮集う「六家総会」に列席していた。馳郎が白翁と認められるための会議は、かつての白翁後継者の乱入により戦況を大きく歪められる。「君は、世界のすべてを敵に回してでも、その少女を守るつもりがあるのかな?」先手を打つは月白弦摩。鬼仙と戦を起こすか否かを切り出す―
鬼仙、白鳳六家、白翁候補、底の見えない駆け引きに馳郎は!?役者集いし「六家総会」―始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア7 女王の領域