ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅤ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年3月刊。
どうしてこんなに面白いんだ!
今回は前半は海戦、後半は鉱山攻略戦、そしてラストには・・・・・・っ!という(どう考えても1冊におさままらないのが普通な)怒濤の展開もありつつ、登場人物間の心理描写も着々と埋め、おまけにしっかり感動させてくれるというバケモノ級の1冊でした。
こんなに濃密なのに340頁しかないんですよ。無駄な場面は一切ない証拠ですね。ほんとにすごい。
マシュー大活躍で私大歓喜!だったんですが、物語はそれどころじゃない事態へと・・・・・・

☆あらすじ☆
未知なる戦場「海上」で手痛い敗北を喫したイクタたち、カトヴァーナ海賊軍。驚異的な破壊力を誇る「爆砲」を装備するキオカ海軍に対して、もす戦略的撤退しかないと軍議がまとまりそうになったとき、海戦に関しては門外漢のはずの、ある少年が、爆砲艦への有効な対抗策を提言するのだった―。「肉を切らせて骨を断つ」がごとき、血で血を洗う激烈な海戦が幕を開ける!話題の本格派ファンタジー戦記、待望の5巻が登場。命ギリギリの容赦ない戦いは、激しさを増すばかり…!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5