クロス×レガリア6 双貌の王


『クロス×レガリア 双貌の王』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

クロス×レガリア 双貌の王 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 双貌の王 (角川スニーカー文庫)

一気に面白くなってきました!タイトルの意味がわかるとゾクっとしますw
そして再登場したあいつらの魅力がやばい。馳郎の主人公としての立場が揺らいでいるような・・・・・・?

☆あらすじ☆
夏期補習を受ける馳郎のもとに初めてまともなボディガードの仕事が、リコの後輩・土師さやかから舞い込む。俄然やる気をみせるが、その内容は恋人のフリで…。ナタも蓮花も気が気でない!そんな乙女心も露知らず、馳郎は頼られる喜びを噛みしめ依頼を遂行する。しかし幸福な時間も束の間、辿り着いた先には白鳳六家の第二位・月白弦摩が。真の依頼主が告げる思いがけない提案に馳郎は!?

以下ネタバレありの感想です。

 

馳郎にシリーズ開始後初(?)となるまともなボディーガードの依頼がやってくるところから話が始まる第6巻。そういえば、いつもボディーガードの押し売りですもんね(語弊あり)

 

しかし、その裏にいたのはこれまでの騒動を影で操っていた月白弦摩
彼がラスボスだと思っていたんですが、意外に早い登場でした。

 

月白の目的は、自分の娘を実験材料にした薄墨馬州の人工〈おに〉の研究を潰すこと。
そしてこの人工〈おに〉の研究にはどうも先代白翁が絡んでいる様子。
このシリーズを通して頻繁に出てきた「先代白翁」という存在ですが、どうもキャラクターがつかめないと思ったら・・・・・・「双貌の王」というサブタイトルの意味に納得すると同時にゾクゾクしました。面白くなってきたなぁ。

 

馳郎たちと同時に同じ目的地に向けて動き出していたのは灰岡ジン&ウー。
人工〈おに〉の少女・パイを保護し、疑似家族ごっこをして、誘拐→救出って、もうこれ主人公だよね?というくらい今回は大活躍でしたw
ジンって、慣れるとこんなに魅力あるキャラクターだったんですね。「パパ」呼びに焦るところが面白かったし、本当にウーとバカップルなんだなって思ってなんだか和みました( ´∀`)
ジン側につくことになった空隼人も、隠れシスコンといういらん属性ついたし、あとがきによるとジンの方もまだまだ勢力拡大しそうな感じです。

 

この先は、大きく馳郎勢とジン勢に分かれて「白翁の遺産」の争奪選になるのでしょうか。同時に先代白翁の正体も暴いていく感じかな?
弦摩の目的に鬼仙への復讐もありそうだし、「鬼仙VS〈おに〉」にも何らかの決着がつくのでしょうが・・・・・・
面白くなってきました。続きも楽しみです。

 

あと、今回はナタの出番が控えめだったので、次回で大暴れしてくれるのを期待したいです。

クロス×レガリア 双貌の王 (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア 双貌の王 (角川スニーカー文庫)
三田 誠,ゆーげんKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 43823Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。