ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅢ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年4月刊。
最っ高に面白かった!!
圧倒的不利な状況の中で強いられる撤退戦。
しかも優秀なライバル敵将校まで登場し、息の詰まる、激しくて血生臭い戦争が再び始まります。
極限状態の中での騎士団の絆がまぶしかったです。特にイクタとヤトリの関係は本当に良かった・・・・・・。

☆あらすじ☆
大アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。
勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する! そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。
彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった――。
不世出の二人が激突し、息詰まる戦いが展開される。果たして結末は……!?
話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3