ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン2


『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅡ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★☆

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

2012年11月刊。
ついにイクタが本当の戦場へ!
今回は山岳地帯での内戦です。戦争に正義などないと叫ぶような内容でした。
「真に恐れるべきは有能な敵ではなく、無能な味方である」と言ったのはナポレオンでしたっけ。無能な上官の下でイクタたちがどれだけ最善を尽くそうにも限界があるのでしょう。今回はそんな軍隊の上下関係がいやにリアルだったように感じました。

☆あらすじ☆
より多くの実戦経験を積むため、北域へと遠征することになる帝国騎士イクタたち。
目指すは、カトヴァーナ帝国九百年の歴史において、一度も外敵の侵入を許したことのない大アラファトラ山脈に
守られた軍事拠点、北域鎮台。野盗の相手と山岳民族「シナーク族」の監視以外は総じて暇な部署だと噂される、
帝国最北の基地だった。
しかし、どこか訓練気分の彼らを待ち受けていたものは、想像以上に過酷で壮絶な――そう、本物の戦場だった……。
話題の本格派ファンタジー戦記、待望の第2巻が登場!巨大帝国の運命を握るイクタ准尉、その瞳に映るものは!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

北域への出張配属として、北域鎮台へと赴いたイクタたち騎士団の面々。単なる通過儀礼でしかなかったその出向で、彼らは初めての実戦、それも「戦争」を経験することになるのが今回の話でした。

 

虐げられてきたシナーク族が決起したことにより始まったカトヴァーナ北域動乱。

 

無能なくせに戦争をゲームのような感覚でしか捉えることのできないサフィーダ中将の下、北域の帝国軍はシナーク族とのゲリラ戦に為す術もなく放り出され、甚大な被害を築き上げていきます。

 

そんな中、初陣となるイクタたちは無能な上官たちにたらい回されながらも、着実に成果を挙げていくのはさすが。ロボットアニメなんかだとまず命令違反軍規違反から話が始まったりするんですが、イクタたちの場合はなんとか上官をうまく誘導しながら死地を切り抜けていこうとする姿が印象的でした。
今回の戦いで導入された新兵器ライフルはすごかったですが、それでもやっぱりイクタの知略が一番怖いですね。仲間や部下はそんなイクタに尊敬と畏怖を抱くのが当たり前になっていたようでしたが、マシューだけはそれを悔しいと考えて劣等感に歯がみしているところが何だかすごく良かったです。彼の成長にはぜひとも期待したいところ。

 

それにしても、敵も味方も本当にあっさりと死んでいくんですね。
イクタが妹弟子だとはしゃいでいたカンナ一等兵に死亡フラグが見えたときはイヤな予感しかしませんでしたが、まさか死にゆく描写すらないとは。遺された彼女のリボンを握りしめるイクタの姿は本当に痛々しかったです。彼女のいた部隊の救出を諦めたことは必要な取捨選択の結果だったとはいえ、切り捨てた味方を「ひとりの人間」として認識することはどれだけ辛いことなのでしょうか。重すぎる。
デインクーン准尉も、あんなに格好良く存在感出した直後にあっさりでしたし、戦場での命の軽さに目眩がするほどでした。有能な軍人がことごとく戦死していく中でサフィーダ中将がのんきに無傷なのがまた腹立たしい・・・・・・

 

大損害を出しつつ、勝利とは言い切れない結果ながらもなんとか終戦へと流れを向けはじめたカトヴァーナ北域動乱。しかし、その背後にキエカ共和国、そしてアルデラ教本部国軍が構えていることが発覚し、事態はさらに悪い方向へ
マジでどうなるの・・・・・・疲弊しきった北域鎮台軍が対処できるのでしょうか。イクタはこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか。

 

はぁ〜、面白すぎるっ!!!3巻も楽しみです!

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)
宇野 朴人,さんば挿アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 211839

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。