ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン2

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅡ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★☆

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

2012年11月刊。
ついにイクタが本当の戦場へ!
今回は山岳地帯での内戦です。戦争に正義などないと叫ぶような内容でした。
「真に恐れるべきは有能な敵ではなく、無能な味方である」と言ったのはナポレオンでしたっけ。無能な上官の下でイクタたちがどれだけ最善を尽くそうにも限界があるのでしょう。今回はそんな軍隊の上下関係がいやにリアルだったように感じました。

☆あらすじ☆
より多くの実戦経験を積むため、北域へと遠征することになる帝国騎士イクタたち。
目指すは、カトヴァーナ帝国九百年の歴史において、一度も外敵の侵入を許したことのない大アラファトラ山脈に
守られた軍事拠点、北域鎮台。野盗の相手と山岳民族「シナーク族」の監視以外は総じて暇な部署だと噂される、
帝国最北の基地だった。
しかし、どこか訓練気分の彼らを待ち受けていたものは、想像以上に過酷で壮絶な――そう、本物の戦場だった……。
話題の本格派ファンタジー戦記、待望の第2巻が登場!巨大帝国の運命を握るイクタ准尉、その瞳に映るものは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン2

クロス×レガリア4 死神の花嫁

『クロス×レガリア 死神の花嫁』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

クロス×レガリア 死神の花嫁 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 死神の花嫁 (角川スニーカー文庫)

馳郎とナタのコンビと対になる存在のジンとウー。
決戦はこのシリーズらしく近代兵器がこれでもかと活躍する派手なものだったのですが、その中でもやはり〈カエアン〉が存在感を光らせていました!
そして、馳郎とナタの関係も相変わらず焦れったくて甘い。可愛いなぁもう。

☆あらすじ☆
ナタを襲う「もう一人の鬼仙兵器」ウー。その正体に驚いたのも束の間、突如戦いに介入してきた「殺し屋」灰岡ジンは衝撃的な事実を語る。「実はさ。本当は、俺が白翁になるはずだったんだ!」殺し合うように愛し合い、何者をも寄せ付けない強い絆で結ばれた最凶の恋人たち。何故彼らは出会い、そしてナタと馳郎の前に現われたのか?そこには鬼仙兵器を創りだした張本人・太乙真人の思惑が絡んでいた…。宿命の対決が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア4 死神の花嫁