ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン1

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★☆

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (1) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2012年6月刊。
これは面白かった!!
ライトノベルのファンタジー戦記はそんなに数多く読んできたわけではないですが、血生臭さと容赦のなさはこれが一番かもしれません。そして、分厚いとはいえないページ数での展開の早さとそれに似合わない密度がすごい!
登場人物の誰もが魅力的なのですが、特に怠惰至上主義な主人公とそのツッコミ役なヒロインとの関係性がとても良かったです。カップルというよりはコンビや相棒という言葉が似合う二人でした。
全編通して面白くてあっという間に読んでしまったのですが、最後はゾクゾクッと背筋に何かが駆けました・・・・・・。

☆あらすじ☆
隣接するキオカ共和国と戦争状態にある大国、カトヴァーナ帝国。その一角に、とある事情で嫌々、高等士官試験を受験しようとしている、一人の少年がいた。彼の名はイクタ。
戦争嫌いで怠け者で女好き。そんなイクタが、のちに名将とまで呼ばれる軍人になろうとは、誰も予想していなかった……。
戦乱渦巻く世界を、卓越した才で生き抜くイクタ。その波瀾万丈の半生を描く、壮大なファンタジー戦記、いよいよ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン1