王女コクランと願いの悪魔1

『王女コクランと願いの悪魔』(入江君人著/富士見L文庫)★★★★★

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)
王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年9月刊。
著者は「神さまのいない日曜日」(富士見ファンタジア文庫)の入江君人さん。
著作は読んだことがなくて、表紙がカズアキさんだったので買ったのですが・・・・・・予想を遙かに上回る、素晴らしい作品でした。
孤高の王女と願いを叶える悪魔の出会い。それによってひとりぼっちの王女の世界に変化が訪れます。
そして、読者はその変化が何を意味するのかを知らなければなりません。
コミカルで軽快なコクランと悪魔の会話に笑いながらも、だんだんと胸が苦しくなっていき、最後にはただハラハラと泣きながらページをめくっていました。
残酷で、儚くて、美しい恋の物語です。素敵なおとぎ話です。ぜひ読んでほしい!とおすすめしたくなる一冊でした。

☆あらすじ☆
「さあ、願いを言うがいい」「なら言うわ。とっとと帰って」
王女コクランのもとに現れた、なんでもひとつだけ願いを叶えてくれるという伝説のランプの悪魔。しかしコクランは、願うことなど何もないと、にべもなく悪魔を追い払おうとする。なんとか願いを聞き出そうと付きまとう悪魔。しかし、“すべてを与えられた者”と謳われるコクランを取り巻く王族と後宮の現実を知ることになり…。
物語を一人演じ続ける王女と、悠久の時を彷徨う悪魔の、真実の願いを求める恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 王女コクランと願いの悪魔1