ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?5


『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?Lv.5』(聴猫芝居著/電撃文庫)★★★★☆

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.5 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.5 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年8月刊。
表紙が肌色少ない!何で!?
もはや露出が少ないとネトゲ嫁じゃないとか思い始めてる自分がいる・・・・・・。
今回はハウジングシステム実装でお金稼がなきゃね!というお話。友達がマインクラフトにはまってたことを思い出しました。
このシリーズ、アコとルシアンのバカップルにニヤニヤするのが楽しいんですが、それとは別にアレイキャッツのギルメンの友情もなんというかほどよい熱さで心地よいんですよね。丁度良い距離感というか。みんな良い奴らだよなー(´∀`*)

☆あらすじ☆
ネトゲで乗り切った文化祭、リアルに乗り切れなかった悲しみの体育祭を経て、大規模アップデートの秋、到来!実装されたのは家を作るハウジングシステム。
「私とルシアンの愛の巣がついに…!」
妄想大爆発な残念美少女・亜子をはじめ、期待に夢膨らませるネトゲ部一同。
自分たちの家だって持てる。そう、ネトゲならね―
いやいや世の中そんなに甘くない!攻城戦で金欠状態なネトゲ部メンバーがギルドハウス建築へ向けマネー稼ぎに奔走する中、茜のボロPCがついに逝くッ!?そしてバイトに初挑戦し…アレな結末しか見えませんが、お金はやっぱり大事です。残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、勤労感謝の第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

あっさりと体育祭飛ばしましたね。ネトゲ部らしいw
それにしても、当初の目的から大分それて部員全員ネトゲ脳悪化してますけど大丈夫ですか?大丈夫じゃないですね。

 

今回はLAに待望のハウジングシステムが実装されたということで、ギルドハウスを作るぞー!というお話。土地を買うにも家を建てるにも先立つものが必要なのはネトゲもリアルも同じ。
ハウスの命名権を賭けた資金集め競争をするいつものメンバー
しかし、そこで瀬川のおんぼろPC「さらまんだー」がお亡くなりになったせいで、事態はリアルなお金稼ぎへと・・・・・・

 

なんだかいつもより友情押しなお話だったような?
アレイキャッツの関係って、すごく仲良しなんだけど距離感が適切なのが心地よいですよね。お金持ちなギルマスにたからず(アコを除く)、自分でなんとかしようと頑張る。でも、ひとりで頑張るのは辛いだろうから、一緒に隣で頑張ろう、ていう発想がなんかもうすごく良いです。まぁ、バイト1日しかもたなかったけどww
あと、口絵が無駄にエロいと思ったらプロレス喫茶(?)の予行演習だったんですね。秋山さんは何がしたいんだ・・・・・・(((( ;゚д゚)))

 

バイトを始めたせいでLAにログインできなくなった瀬川。
シュヴァイン不在でしょんぼりするギルメンがなんだかとても可愛かったです。でもネカフェでバイト中の瀬川を見に行って目の前でネトゲするのはダメだよwひどすぎる(=゚ω゚=;)

 

リアル資金集めは早々に挫折し、ついでにギルマスとシュヴァインの土地購入資金集めも挫折。お金稼ぎは地道が一番です!ということで、とりあえずLA内の家造りを始めるネトゲ部メンバー。
そういえばセッテさんは正式にメンバー入りしましたね。かゆいところに手が届く要員になってしまいました。
家造りでアコの妄想大爆発には盛大に笑いました。あいつら、部員がいる前で自分たちの世界を作りすぎですよ。エプロン着たまま制服脱いじゃだめー!

 

ハウジングシステム関連のオチは、落ちるべきところに落ちた感じでしたね。唐突に大改造劇的ビフォーア●ターが始まって腹筋痛かったです。
そしてVistaで喜ぶ瀬川・・・・・・(´;ω;`)

 

それはそうと、今回はルシアンが、ハウスの内装造りにウキウキするアコに対してとても素晴らしい発言をしてくれたのでここに引用したいと思います(電子書籍なのでページ数不明)。

 

「楽しそうだから別に良いんだけど、一応確認」
「なんでしょう?」
「さして希望があるわけじゃないから、アコにやる気があるなら任せてもいいんだけどさ」
(中略)「できる範囲で俺も意見を出した方がーーーアコは、楽しいか?」

 

イケメン!イケメンがここにいますよーーー!!
こんなん言われたらアコはますますルシアンを好きになっちゃいますよ。好感度振り切って一周回ってまた振り切るレベル。
嫁に全部任せがギルティとは言いませんが、この言い方は非常に上手い!惚れる!
ていうか少女漫画か・・・・・・!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。