F-エフ-2 茨の刻と青の地図


『F-エフ- 茨の刻と青の地図』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

F ‐エフ‐ 茨の刻と青の地図 (角川ビーンズ文庫)
F ‐エフ‐ 茨の刻と青の地図 (角川ビーンズ文庫)

異世界トリップ系乙女戦記、第2巻。ついに主人公の初陣です!
主人公が本格的に動き始めたことで、異世界の惨状がありありと目に飛び込んできます。予想よりエグいです。そして鞭展開に次ぐ鞭展開。
苦しみもがく響を見て、ヤンデレ化が止まらないリュイは何を想うのか。全部読んで表紙を見返すと「おおぅっ・・・」となるに違いありません。

☆あらすじ☆
突然異世界に召喚された平凡な少女、三島響。助けてくれた美しき神々たちに、滅びゆく彼らの世界エヴリールを救うことを約束する。エヴリール唯一の生き残りの騎士リュイ、聖獣エルとともに旅をはじめた響。しかし、神々の力を譲り受け、簡単にいくかと思われた響の使命は想像以上に過酷だった。幽鬼たちに囲まれて、絶体絶命に陥った響たちは…!?
「あなたの最期を私に― 人としての、死を」
話題沸騰作、待望の続刊登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

動き出した響の異世界救済への旅路。
しかし、異世界エヴリールの現状は想像以上に悲惨なものでした。

 

異世界にきて初めて響はレイムに遭遇します。
ううう・・・・・・グロテスク。さすがはWEB小説ですね。少女小説レーベルとは思えない生々しい(肉々しい)描写でした。

初めて救済した記念すべき一人目をレイムの大群に食い殺されてしまった瞬間を見てしまった響
そしてレイムから逃げ出すために、元人間だったそれらを殺してしまった響

鞭展開あるよ!とは聞いていたのですが、ひ、ひどい。「花神遊戯伝」の主人公もけっこう鞭打たれてたと思うのですが、なんか、それ以上な気が(((( ;゚д゚)))
響がいなければリュイが狂ってたけど、今はリュイがいなければ響が狂ってしまいそうです。
こうして共依存の関係に陥っていくのか・・・・・・

 

自分と共に生きることを選んでくれた、と喜ぶリュイもヤンデレ街道まっしぐらですね。
普段は温和な好青年なのに、ふとした瞬間に崩れるように狂気に走るのが怖い。怖いけどときめくww
響への依存が半端ないのに、最後に転移失敗(?)ではぐれちゃって大丈夫なんでしょうか?再会できるまで正気を保っていてくれるだろうか?

 

かなり気になるところで終わってしまったんですが・・・・・・
響は無事にリュイやエルと再会し、王都にたどり着けるのでしょうか。
旅の目的に、人々の記憶から消えてしまったオーリーンやシルヴァイを救うことも加わった響。
物語が進むほどに、彼女が背負わなければならない運命の過酷さは増していくようです。
少しずつシルヴァイの力を使えるようになってきているし、一刻も早く響が強くなるといいんですけど、そう簡単にはいかないんだろうな。

 

もうほんと今すぐ続きが読みたいです!
WEB版・・・ほんとどうしよ・・・でも書籍版で続きが読みたいし・・・
3巻が待ち遠しい!

F ‐エフ‐ 茨の刻と青の地図 (角川ビーンズ文庫)F ‐エフ‐ 茨の刻と青の地図 (角川ビーンズ文庫)
糸森 環,鈴ノ助KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング : 1046Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。