アドリア王国物語1 幻黒の騎士と忘れじの乙女


『アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女』(文野あかね著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)
アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)

「女神と棺の手帳」シリーズの文野あかねさんの新作。
少女小説的王道ファンタジーといった感じです。
絶対記憶能力を持つ少女と3人の騎士が出会い、いわくつきの「幻黒の書」を巡る騒動が起こるというお話。 今回はシリーズのプロローグであるためか、世界観の割に少し狭い範囲のお話となっていたのが気になりました。もっとも、展開的にここらへんの不満は次巻以降で解消されそうですが。
前作よりは好きな世界観・設定ですが、この巻だけでは評価しづらいかも。

☆あらすじ☆
アドリア王国の城壁に囲まれた街に暮らすエマ。一度見聞きしたことを忘れない“絶対記憶”を持つ彼女の夢は、諸国を旅し、歴史書を作ること。だが、『聖杯』の行方を記した『幻黒の書』を追う3人の騎士と出会った日、殺人の罪で父親が捕縛されてしまう。エマは、甘く紳士的なルース、クールなレイ、最強剣士バルトの力を借り、真犯人を捜すことに。だが、亡国の騎士バルトとの相性は最悪で!?
運命のラブ・ファンタジー、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

絶対記憶能力を持つ少女エマが出会った3人の騎士。その出会いの直後、エマの父親が殺人の罪で捕縛され、 それが騎士たちの探す「幻黒の書」に関わっていたことから、エマと3人の騎士は協力して真犯人を追うことになる、という感じで物語はスタートします。

 

ジャンルとしてはファンタジーになるのでしょうが、どうも空気はミステリーっぽく、でもミステリーにもなりきれない、ちょっとふわふわとした印象を受けました。もっとも、今回はエマが騎士たちと旅立つまでを描くプロローグなので仕方ないのかもしれないです。エマが外へと旅立つことで、よりファンタジーな世界観が広がることに期待します。

 

エマの仲間となる3人の騎士ですが、その中でメインヒーローとなるのは亡国の騎士であるバルト
ルースが当て馬ポジションに入りそうですが、エマの相手がバルトになるのは間違いないでしょうね。
前作では、ヒロインとヒーローの恋愛面の持って行き方が雑すぎて興醒めだったのですが、今作ではちょっと努力のあとがみられたり。
でもやっぱり恋愛要素の最初の一手がいまいちなんですよね。
お互いを意識する最初の瞬間を描こうとしてるのはわかるんですが、なんであそこで唐突に傷を数え始めるの?あのシーン、私には意味不明すぎたんですが・・・・・・
バルトにケガさせない約束を取り付けようと、エマが考えるに至るまでの過程がぽっかり抜け落ちてるからかもしれませんけど。

 

まぁ、不満はそこくらいで物語自体は割と楽しく読めました。
どんな願いも叶えるという聖杯。その聖杯の行方とそれを探し求めた人々の記録が書かれた「幻黒の書」。そして謎の「詩人」。
色々とキーワードが出てきて、詩人も最後に登場したりして、これから大きな物語を描くぞという意気込みを感じる第1巻でした。
詩人の意味深なセリフや、彼がエマに何をさせようとしているのか気になるところは多いです。エマとバルトの関係も恋愛面が動き始めたら割とスムーズに見ることができましたし、おそらく次巻も読むと思います。

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 (角川ビーンズ文庫)
文野 あかね,天野 ちぎりKADOKAWA/角川書店
売り上げランキング : 2272Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。