落第騎士の英雄譚3


『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉3』(海空りく著/GA文庫)★★★★☆

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年1月刊。
スポーツ系異能バトル(ラブコメもあるよ)を読んでいると思ったら、純愛物語を読み終わってしまいました。
一輝いい男すぎて泣いた。
ヒロインを完全にステラひとりに絞ったうえに真面目な一輝の性格のせいで、ふたりの関係が進むのが本当に早い。まさか3巻にしてココまで進むとは!
そして校内選抜編は予想外な経緯で完結。
苦い展開でしたが、クライマックスにふさわしい面白さでした。
シリーズ全体のほうにも動きがありました。ああやっぱりあいつ、こうなるのか・・・・・・。

☆あらすじ☆
不敗vs最弱 学園代表の座を賭け、決戦開始!
「この戦いで私の限界を試してやる! 」
学内戦も終盤に近付き、とうとう始まった戦績上位者同士のつぶしあい。最愛の兄と共に歩んでいくために身につけたすべての力を賭して、珠雫は学園最強の生徒会長《雷切》東堂刀華に挑む。一方徐々に評価を高めつつある一輝に、黒鉄本家はその牙を剥く。卑劣な罠により虜囚の身となる一輝。引き裂かれるステラとの絆。そしてついに迎えた最終戦、満身創痍の《落第騎士》の前に、過去最大の敵が立ちはだかる。
怒濤の盛り上がりを見せる『校内編』、逆境の第3巻!降りかかる艱難辛苦を斬り払い、七星の頂へ駆け上がれ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

珠雫VS生徒会長東堂刀華の対決は珠雫の敗北で終わってしまい、学園最強の騎士の手強さを一輝たちに見せつける結果となってしまいました。
そのまま刀華との対決に進むのかと思いきや、物語は日常パートへ。

 

刀華を含む生徒会役員たちと交流を深めていく一輝とステラ。
何でこのタイミングで日常パート?と思ったのですが、今後の伏線が色々と出てきました。

 

一輝の実家黒鉄家の横槍によって、事態は急展開。
ステラとのキスがすっぱ抜かれ(同室なんだから部屋帰ってからやっとけよ!w)、一輝は倫理委員会の査問にかけられるという名目で監禁。
精神的リンチによる満身創痍な悪コンディションで刀華との対決を強いられるなんて・・・・・・。
黒鉄家は何でそこまで一輝をつぶそうとするのか、才能がない奴が頑張ると序列が乱れるという理由だけなんでしょうか。
それにしては陰湿で執拗な気もするのですが。

 

予想外な形で整えられた決戦の舞台に上がった一輝。
弱り切った最悪の状態で表に出てくるのは仲間や身内からの期待を背負っている刀華の剣に、何も背負ってない自分の剣は通じないんじゃないかという一輝の葛藤。
正直これには何でそうなるの?と戸惑ってしまいました。誰にも期待してもらえなくても、自分だけは自分を信じてきたというのが一輝の強さだったはずなのに。

 

ただし、そこからの巻き返しの爽快感がこの作品の良いところ。
自分の剣への迷いと父への絶望からどん底にたたき落とされても、みんなからの熱い声援を受けて立ち上がるという展開は王道的で最高ですね!!
熱い!これぞスポ根!
シメに最愛のステラからの激励というのが更に最高。ステラのヒロイン力は天井知らずです。

 

一輝と刀華の決戦は、一合だけの神速勝負。
短い時間で勝負がついたものの、スピード感と緊張感は文句なし。
校内編クライマックスにふさわしいバトルだったと思います。
むしろこの二人の決着をだらだらと書かなかったところは評価されるべきです。余計な駆け引きはいらない!それがいい!

 

一輝の〈一刀修羅〉も〈一刀羅刹〉にバージョンアップ。
さらに使い勝手がわるそうな必殺技なのが一輝らしいというか何というか(´д`;)

 

一連の騒動と校内選抜の終了を通して、一輝とステラの関係もさらに進みました。
ヒロインをひとりに絞っているせいか展開が早い、早すぎるよ!

 

もうプロポーズしちゃった!!!!

 

山小屋のシーンで一線を踏み越えるかどうかでドキドキしていたのに、あっさり段階をすっ飛ばしました(いや、正しく段階を踏んでいるのか!?)
付き合ってまだ半年もたってないだろうにw
一輝は本当に古風な性格ですね。最近こういう主人公(えっちぃ雰囲気になっても「ご両親への挨拶が先だから!」と理性で我慢)は見かけなかったような。
でも一途で誠実な性格はとても良い。
最近読んだラノベ主人公の中では一番好きなキャラクターかも。

そして倫理委員会の査問の中でもステラへの愛を貫いたシーンは感動しました。これぞ純愛。
でもやっぱりプロポーズは早いな。学生結婚しそうな勢いだ・・・・・・。
いくら実の家族には見切りをつけたとはいえね、思い切りの良さがすごい。
なんだかんだで涙ぐむレベルで感動したけど!

 

しかし、仲間なのに影の薄かったアリスはやっぱりスパイ(?)だったんですねぇ。
珠雫が負けた後のシーンではこのまま彼女とカップルになるのかと思ったのですが、・・・・・・やはりおねぇキャラは油断ならない。
謎の組織は奥多摩の合宿所で巨人を使って何をしていたんでしょう?
王馬というのは一輝の兄?でも次男に「一」をつけるものなのかな?
今後、一輝が刀華たちと同様に学生騎士でありながら現場に出たりするんでしょうか。それとも巻き込まれる形になるのだろうか。
伏線がいっぱいだ・・・・・・。

 

次巻からは全国編なのでしょうが、七星剣武祭以外にもいろいろと話が動きそうです。
ステラと一輝の恋愛もどこまで進んでしまうのか。楽しみです!

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)
海空 りく,をんSBクリエイティブ
売り上げランキング : 114675Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。