ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?1


『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』(聴猫芝居著/電撃文庫)★★★★☆

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年7月刊。
ネトゲで「結婚」した女の子は女子高生で可愛くて、しかもゲームとリアルの区別がつかない残念系女子!
そんな都合が良すぎる夢のような状況におかれた男子高校生主人公が、ヒロインにゲームとリアルの区別をつけさせようと奮闘するラブコメ。ディープな(?)ネトゲネタ満載ですが、ネトゲ未経験な私にもわかりやすく面白かったです。むしろずっと笑いっぱなしですごく楽しかった(´∀`*)
このヒロイン可愛いけどだめな子だ!だめっていうか、うん、だめだ!!

☆あらすじ☆
ネトゲの女キャラに告白!→残念!ネカマでした☆
そんな黒歴史を秘めた少年・英騎はある日、ネトゲ内で女キャラに告白された。まさか黒歴史の再来!?と思いきや、ネトゲでの「嫁」になったアコ=玉置亜子は本物の美少女で、しかもリアルとネトゲの区別が付いていない…だと…!?
「おはようルシアン!」って、や、やめて!ハズイから名前で呼ぶなっ!人前でもキャラ名を連呼し、ネトゲの旦那にべったべた。あまりに残念で危険な亜子を「更正」させるために、英騎はギルドの仲間たちと動き出して―
残念で楽しい日常≒ネトゲライフが始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

 

主人公はネトゲ大好きオープンオタクな男子高校生西村英騎(ルシアン)。ネカマに告白した黒歴史を持つ彼が、自分の所属するギルドのオフ会に顔を出すと、そこにいたのは全員が現役女子高生で・・・・・・。

 

そんな馬鹿なΣ( ̄ロ ̄|||)

 

なんという夢と希望にあふれちゃってる設定。
ネトゲをやったことがない私にも、ネトゲ人口の男女比くらい想像がつきますよ!
・・・・・・いや、実際どうなのかはわかりませんが。
最近の女子高生ってネトゲするの?

 

それはともかく、そんなルシアンがオフ会で出会ったのは、ネトゲ上の「嫁」アコの中の人玉置亜子
リアルとゲームの区別がさっぱりついてない重度のネトゲオタクなアコは、リアルの西村をルシアン同様自分の旦那様扱いして初対面から距離感ゼロ。

 

これはまずい。
みんな高校生だからまだ良かったけど(?)、変な人だったら危なかったでしょ!ということで、アコに現実とゲームの区別をつけさせるため、ギルドのメンバーである瀬川茜(ドイツ語で豚)と御聖院杏(マスター)と一緒に現代通信電子遊戯部(要するにネトゲ部)を立ち上げることに。

 

一応の建前はアコの更正だったはずですが、ふたを開けてみると皆一緒にネトゲで遊んでるだけ。しかもめちゃくちゃ楽しそう。
青春!ネトゲな青春!!
ゲームはひとりでRPG派な私でも羨ましくなってしまうくらい和気あいあいと楽しそうでした。

 

トラブルはあったものの、結局アコの更正はならず。
ネトゲ部はまだまだ続くのだった・・・・・・で1巻は終わるんですが、アコの更正って必要なの??て思ったのは私だけじゃないはずw
まぁネットの危険性をさっぱり分かってないから、そこは教育しなきゃダメですけど。
でも、ルシアンとアコの関係に関してはもう両想いじゃんこいつら!
無意識にいちゃいちゃしくさってるんですが!
好きって叫んじゃってるんですが!!
届かなかったシュヴァインの叫びを私も代弁したい。

 

ああほんと笑った。最初から最後までずっと笑ってた気がします。楽しかったー!
2巻にも期待!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。