吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる2


『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる2』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★☆

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)

安定した面白さ!
今回、詩也と綾音のコンビが挑戦するのは「マイ・フェア・レディ」。
オードリー・ヘップバーン主演の映画は見たことないんですが舞台は観に行ったことがあります。なので、ラストの舞台シーンは(前半は)けっこうリアルに頭に浮かんきて、なんだか得した気分でした。
そして綾音先輩が本当に本当に可愛すぎる。もう。ニヤニヤ止まらなくなっちゃうよ・・・・・・

☆あらすじ☆
吸血鬼になったことを乗り越え、綾音のパートナーとして演劇で頑張ろうと決意した詩也。だが次の演目は『マイ・フェア・レディ』。自分とまるで違う人物、しかもテンポの良い長台詞が特徴のヒギンズ教授役に、苦戦することに。一方で、詩也は赤い瞳の吸血鬼、雫が流した涙のことも気になっていて…。そんな時、ある失敗から「チーム・ベガ」のアイドルとの恋愛スキャンダルが持ち上がり、綾音ともコンビ解消の危機に!?
ドラマティック青春ノベル第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

綾音とのパートナー関係も順調な詩也の次なる挑戦は「マイ・フェア・レディ」のヒギンズ教授
確かに、言われてみるとよくわからないキャラクターですね。
女の価値観が凝り固まってる割には無邪気、傲岸不遜なのにキュート。うーん、これは新米俳優の詩也には厳しい配役。

 

役作りに戸惑う詩也ですが、それに加えて更なるトラブルにおそわれます。
ベガの新人女優で、雫に似た顔立ちの久々沢凪乃に弱みを握られ、偽りの恋人宣言をされてしまった詩也。
仕方ない流れとはいえ、どこまでヘタレなのか!本当にヘタレ!このヘタレ!

 

そして、凪乃と詩也の嘘の交際ブログを見ながらドーナレオンを作りまくる綾音
もう、今回の綾音先輩も本当に可愛かったです。可愛い、可愛すぎる。
中盤で詩也が綾音と本音をぶつけ合い、ヒギンズ教授とイライザになりきっての海デートが甘すぎて悶えました。
なにあれ、海に向かって大好きって叫び合う、なにあれなにあれ。リア充なの? 爆発するの?
ニヤニヤが止まらん・・・・・・っ!!

 

でも、付き合ってはないんですよね?
最後に詩也が「恋は自覚したけどどうしよう」とか悩んじゃってるんですけど、あんなにキスして大好きって言い合って、でも「(まだ)付き合ってはいません。パートナーです(`・ω・´)」てことなんでしょうか。まぁ、あとはちゃんと言葉にするだけって段階ですから細かいことはいっか。
それにしても、姉という強大なライバルがいるのに恋を自覚しちゃった理歌ちゃんはどうしちゃうんでしょう。自覚してすぐ失恋は切なすぎる。

 

前回同様、今回も「マイ・フェア・レディ」の世界観に落とし込んで物語が展開していく仕様。
開き直った詩也の舞台も良かったし、ストーリー全体もとても面白かったです。
創造主の苦しみと被造物の哀しみ。
周囲に作り上げられたイメージを崩さないように気を張り続ける凪乃の姿がメインではありましたけど、これは何だか雫と詩也の関係も暗喩していそうです。
雫の正体と、詩也との本当の関係がそろそろ気になりますね。綾音と永遠の恋をすればいい、と言いながらも「おまえは、わたしを愛することになる」という予言めいたセリフを残したり。
その雰囲気がなんだか哀しげなのはなぜなのでしょうか。

 

続きが気になる!!だけど3巻は年末発売だそうです。
というか、9月末に別シリーズ新刊、10月末に読み切り上下巻、11月にも何かあって、年末(12月末か?)に吸血鬼の3巻という、まさに月刊野村美月状態。すごい。
読み切りは気になります(ていうか間違いなく買う)がやはり吸血鬼が読みたい。なんていったって3巻のお芝居は「とりかえばや」なんですよ!!素晴らしいチョイスです(●´ω`●)

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (集英社コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (集英社コバルト文庫)
氷室冴子集英社
売り上げランキング : 19880Amazonで詳しく見る
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2) (ファミ通文庫)
野村美月,竹岡美穂KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 357Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。