呪われた王子と黒薔薇の乙女


『呪われた王子と黒薔薇の乙女』(宇津田晴著/ルルル文庫)★★★☆☆

呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)
呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)

軽く楽しめるラブファンタジー。
ところどころ拳と筋肉と汗が飛び散っていて、それがキモ面白かったです。
マッチョおねぇな天使さまがインパクト抜群すぎる。

☆あらすじ☆
名門貴族の令嬢ながら、裏では心霊現象の専門集団“ラ・モール”の総統補佐をつとめるノワイエ。普通の女子生活にちょっぴり憧れながらも、毎晩、悪霊を昇天させるために乙女の拳をふるって奮闘中だ。そんなある日、死の呪いにかかったソール王子を救え、という緊急指令が!ただし、呪いの解除方法は『愛を込めた真実のキス』!?
除霊のために隔離された館で、ノワイエはソールと同居生活をはじめるが…。悪霊まみれのスイート・ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

呪いを受けた王子ソールを救うため、シスコン兄イリスも含めた3人での共同生活をすることになったノワイエ
ちょっと何言ってるかわからないかもしれないが以下略。

 

ストーリーそのものに特筆すべきところはないものの、とにかくキャラが光るラブコメだと思います。
特にマッチョ乙女な天使ティヨルが最高でした。登場人物紹介は目を疑うレベル。

 

そしてティヨル謹製の聖水は笑ったw
自分でも何がツボだったのか分からないんですけど、本当に笑いまくりました。これは確かに王子様逃げるわ。

 

呪いを解くためには「真実の愛がこもったキス」をする必要があって、それに絡めてソールとノワイエのラブストーリーが展開されていくのですが、もうそんなことよりティヨル出てこいよとしか思えなかった私は駄目なのかもしれない。あ、シスコン兄も良いキャラしてました。

 

何かあまり書くこと思いつかないな・・・・・・。
あっさり楽しめるラブコメ作品でした。満足です(・∀・)つ

 

呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)呪われた王子と黒薔薇の乙女 (ルルル文庫)
宇津田 晴小学館
売り上げランキング : 2430Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。