クロス×レガリア2 嵐の王、来たる

『クロス×レガリア 嵐の王、来たる』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

クロス×レガリア 嵐の王、来たる (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 嵐の王、来たる (角川スニーカー文庫)

面白かったんですが、・・・・・・最後のオチは絶対に許さない(´;ω;`)
自分の運命を受け入れた馳郎に待ち受ける試練。前回よりも馳郎が体を張って必死に戦っている感じがして、それが格好良かったです。今回でシリーズの方向性が見えた感じなのかな?

☆あらすじ☆
人の氣を吸う「鬼仙」の少女ナタ。彼女を護ると決意した馳郎は、莫大な資産と権力の後継者となった。だが義妹のリコに言われて出席した白鳳六家との顔合わせの場で、第四家・空の家の次代当主である北斗がいきなり攻撃を仕掛けてきた。風を操る「おに」=異能者からリコを護るため、馳郎とナタがとる秘策とは?そして戦いの中で互いへの想いを意識し始めた2人の関係は…?
さらにスケールアップ、興奮加速の第2巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア2 嵐の王、来たる

灰と王国3 帰還

『灰と王国3 帰還』(風羽洸海著/エンターブレイン)★★★★☆

灰と王国3 帰還
灰と王国3 帰還

完結まで書籍化するようです。よかった。全4巻になるようです。
丁寧に作り込まれた堅実なファンタジー作品。サブタイトル通り第3巻は「帰還」の物語でした。
暗闇の中から始まった物語に、ゆっくりと希望が見え始めてきました。旅の始まりの頃と比べてフィンが竜侯として成長したことに頼もしく感じていたのに、最後の最後にヘタレてくれて全部台無しですよもう!!(褒め言葉)

☆あらすじ☆
――故郷を、取り戻す。 混迷の時代を生き抜くハイファンタジー、待望の第3部!
炎竜ゲンシャスを従え、帝国に反旗を翻したノルニコム女王エレシア。皇帝ヴァリスの命で、圧倒的な兵力で彼女を追い詰める将軍グラウス。そして、ナクテ領には若き帝位継承者セナトが舞い戻った。それぞれの想いが渦巻くなか、フィンら《北部天竜隊》はついにナナイスへと帰還する。
(そうだ、ここからまた始まるんだ)
再建を誓う時、天竜レーナがフィンにした”お願い”とは――。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 灰と王国3 帰還