落第騎士の英雄譚1


『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉』(海空りく著/GA文庫)★★★★☆

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年7月刊。
これは良いスポ根!!
白状すると中盤までテンプレな展開がちょっと辛かったのですが、終盤での努力家主人公の踏ん張りと、ヒロインとの関係のまとめ方がとても気に入りました。途中までテンプレ主人公とか思ってごめん!決めるべきときに決める格好いい主人公でした。
ジャンルとしては学園異能バトルなのですが、本作のバトルはあくまでスポーツ的なもの。
そして展開はテンポよく進み、中だるみせずに物語が進むところも良かったです。
そしてラブコメ要素も強め。コメディパートは楽しく笑えるのですが、妹ちゃんはちょっと・・・・・・。

☆あらすじ☆
魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い《魔導騎士》。
その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた《落第騎士(ワーストワン)》だ。だがある日、異国の皇女にして《A級騎士(ナンバーワン)》のステラから
『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ――勝ってしまう! 一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!
「なんでもいうことをきかせればいいじゃない!えっち!」
悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。
そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての《落第騎士》は
《無冠の剣王(アナザーワン)》としてすべての騎士からも注目され始める!最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

あらすじが微妙に惹かれず期待していなかったのですが、読んでみたらあまりにも面白くてびっくりでした(´・ω・`)
以下、ネタバレありの感想です。

主人公黒鉄一輝は騎士の名門の出でありながら魔法の才能がなく、それを恥じる実家の妨害によって不当な評価を受けて劣等生に甘んじていた少年。
しかし彼には剣術の才能があり、それによってAクラス騎士のステラをはじめとする魔法の才能に恵まれた騎士たちに勝利していくのです。

 

努力でもって才能を凌駕する、というのは確かに熱い展開ですが単純にそれだけだと少し食傷気味なところはあります。
どちらかというと私が本作で面白く感じたのは努力型主人公の精神的な弱さをちゃんと出してたところでした。
必死に頑張ってきた自信はあるし努力に裏打ちされた実力も確かに身につけている。
けれど、土壇場でそれを信じ切れずに動揺し、全力が出せなくなる。
あるあるすぎて切ないくらいでした。
中盤まで俺TUEEEでいくかと思っていただけに、一輝のメンタルの弱さを強調する展開にしたのは意外でした。

今回は、初戦ということで敵がゲスの小物だったのがいまいちだったのですが、一輝が自分を信じて戦い抜く決意をすることがメインなのでこんなもんかな、という感じ。一輝が吹っ切れたらあっさり勝ててしまいましたしね。
次回以降もう少し強い敵が出てきそうなので、そこでの一輝の活躍を期待します。

それにしても一輝の〈一刀修羅〉って使い勝手悪すぎるんですが、どうやって勝ち進んでいくんでしょうね。
途中で魔法の才能を覚醒したら、それはそれでつまらなくなりそうだしなぁ。

 

とりあえず色々それっぽいこと書いておきましたけど、
一輝とステラがちゃんと付き合ったからもう何でも許せるくらい楽しく読み終えることができました。
ハイ。カップルもの大好きだよ!

 

ステラが一輝に負けてからあっさりデレたり、ブラコンこじらせた実妹珠雫が一輝にキスしたらへんは、またこのパターンかよとうんざりしていたんですけどね←

ステラが一輝に活を入れ、そうして勝利した一輝が素直にステラに想いを告白する流れはとても感動しました。
なんかもう青春だよね!青春スポ根ラブコメだ!
一輝は難聴系テンプレ主人公だと思っていたので、こうも素直にステラと付き合う流れになるとは予想外でしたし。いやもうほんとこういうの大好きです。

騎士としての高みを一緒に目指そう、と再戦を誓い合う流れもとても良かった。
恋人でありながらライバルであるっていうのがすごく良い!!

 

というわけで一輝とステラのカップルがどうしようもなくツボだったので、続きも読みます。楽しみ!

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)
海空りく,をんソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 61262Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。