落第騎士の英雄譚1

『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉』(海空りく著/GA文庫)★★★★☆

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年7月刊。
これは良いスポ根!!
白状すると中盤までテンプレな展開がちょっと辛かったのですが、終盤での努力家主人公の踏ん張りと、ヒロインとの関係のまとめ方がとても気に入りました。途中までテンプレ主人公とか思ってごめん!決めるべきときに決める格好いい主人公でした。
ジャンルとしては学園異能バトルなのですが、本作のバトルはあくまでスポーツ的なもの。
そして展開はテンポよく進み、中だるみせずに物語が進むところも良かったです。
そしてラブコメ要素も強め。コメディパートは楽しく笑えるのですが、妹ちゃんはちょっと・・・・・・。

☆あらすじ☆
魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い《魔導騎士》。
その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた《落第騎士(ワーストワン)》だ。だがある日、異国の皇女にして《A級騎士(ナンバーワン)》のステラから
『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ――勝ってしまう! 一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!
「なんでもいうことをきかせればいいじゃない!えっち!」
悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。
そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての《落第騎士》は
《無冠の剣王(アナザーワン)》としてすべての騎士からも注目され始める!最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

あらすじが微妙に惹かれず期待していなかったのですが、読んでみたらあまりにも面白くてびっくりでした(´・ω・`)
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚1

光炎のウィザード5 恋は電光石火

『光炎のウィザード 恋は電光石火』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード―恋は電光石火 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード―恋は電光石火 (角川ビーンズ文庫)

新章開幕。悩めるゼストガさん回でした。
ストーリーはシリアスなのに、このこみ上げる愉快な気持ちは一体何なんでしょう。今回のゼストガさんの行動が喜劇にしかみえない。哀れな男ゼストガさん。

☆あらすじ☆
“学園”の見習い魔術師リティーヤの所属する研究室の責任者・ロードマスターに内通疑惑勃発!?無口・無表情・超甘党なお師匠ヤムセと離されて、魔導書調査委員会に預けられたリティーヤ。輝ける美貌と氷の毒舌の主・ゼストガに連れられて北の研究所で検査を受けるはずが、魔導書の横流し現場を目撃してしまい、敵対組織に追われて雪山をゼストガと二人で逃げ回るハメに!!
天然最強魔術師師弟の新たなる冒険、ここに開幕。

ヤムセ分が足りないぞ!ということでネタバレありの感想です。

続きを読む 光炎のウィザード5 恋は電光石火

浪漫邸へようこそ1

『浪漫邸へようこそ』(深山くのえ著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

浪漫邸へようこそ (小学館ルルル文庫 み 1-23)
浪漫邸へようこそ (小学館ルルル文庫 み 1-23)

医者を目指す学生の青年との出会いをきっかけに、没落華族のお嬢さんが下宿屋を営むことになるというお話。 
ゆるゆるとした日常が描かれていく、ほんのりと優しい物語でした。
あきさんのイラストと世界観が絶妙にマッチしていて、特にヒーローはあきさん史上最高のイケメンでした(私見)

☆あらすじ☆
大正初期。ある事情から、十六歳で家を背負うことになった貧乏子爵家の長女、紗子(すずこ)。偶然、危ないところを助けてくれた帝大生、伊織(いおり)との出会いをきっかけに、紗子は子爵邸で秘密の下宿屋を始めることになる。早速集まったのは、帝大生と画家と本屋、それに作家と写真屋というなんとも個性的な人々で!?
ワケあり子爵家ではじまった、賑やかで優しい同居生活とほのかな恋。美しく密やかに、乙女の恋は花開く――大正ロマン譚開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浪漫邸へようこそ1